PR

日本マイクロソフト、新Officeを2月7日より一般・個人向けに発売開始

2013年2月7日(木)

日本マイクロソフトは、Officeの最新版を2013年2月7日より、一般、個人に向けてPCメーカー、全国の販売店、オンラインストアなど各パートナー様で発売開始する。

パッケージ製品は、「Office Personal 2013(参考価格29,800円)」「Office Home and Business 2013(参考価格34,800円)」「Office Professional 2013(参考価格59,800 円)」「Office Professional Academic 2013(参考価格28,381 円)」の4種類(参考価格は税抜)。単体では、「Word 2013」「Excel 2013」など9製品が発売開始となる。

同日より、パートナー企業14社から、計170機種の 新しいOfficeプレインストールPC (Office Home and Business 2013およびOffice Personal 2013搭載)も順次発売される。そのうち145機種が、Office Home and Business 2013 搭載モデルとなる。

新Officeの特徴は下記の通り。

Windows 8へ最適化
 新しい Office はWindows 8上で最高のエクスペリエンスを提供できるように設計されている。キーボードやマウスと同様にタッチ操作でもスムーズに操作でき、新しい利用シナリオを可能にし、様々なデバイスにおいて利用できる最高のプロダクティビティツール、コミュニケーションツールに生まれ変わった。

クラウド
 新しい Office はSkyDriveとの統合により、標準でドキュメントをクラウドに保存するため、仲間と安全にドキュメントを共有し、作業することができる。自宅、外出先、会社など場所を選ばず、どのデバイスからでもアクセスし、常に同じ環境で作業できる。

新しいシナリオ
 タッチ対応の Windows 8デバイスで、電子書籍を読むような感覚でドキュメントを閲覧したり、オンラインビデオを活用して、プロ仕様のマルチメディアプレゼンテーションを簡単に作成したり、Excelのおすすめに従うだけで、最適なグラフが表示されるなど、これまでにない体験を幅広いユーザーシナリオ向けに提供していく。


日本マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る