PR

日本マイクロソフト、「Microsoft Windows Azure」の日本リージョン開設計画を公開

2013年5月24日(金)

日本マイクロソフトは5月23日、パブリッククラウドサービス「Microsoft Windows Azure」をユーザーに提供する、新たな主要リージョンを日本に展開することを発表した。

この「日本リージョン」には、日本国内の2か所(首都圏と関西圏)のサブリージョンが含まれ、Windows Azureのサービスを国内のデータセンターから提供することを可能とする。

これまで国内ユーザーの多くは、展開先としてアジアリージョンの2つのサブリージョン(香港もしくはシンガポール)を選択していたが、新たに日本リージョン内の東阪のサブリージョンも選択できるようになる。

日本リージョンの開設に伴い、マイクロソフトと富士通とのWindows Azureをベースとしたクラウド分野での戦略的協業は継続し、より両社のサービスの連携を強化したものへと進化させていくという。

日本リージョンに関する詳細(具体的なサービス提供時期、オファリング、パートナー連携など)は、確定した時点で改めて発表される。


日本マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

日本マイクロソフト、「Microsoft Windows Azure」の日本リージョン開設計画を公開 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。