PR

日本マイクロソフト、コラボレーション製品群をパートナークラウドで提供開始

2012年11月28日(水)

日本マイクロソフトは11月27日、NTTコミュニケーションズ、日本電気、日本HP、日立システムズ、富士通の5社と「Partner Hosted Productivity Cloud」(以下 PHPC)の契約を締結し、2012年11月末より順次、マイクロソフトのメール&コラボレーション製品群のクラウドサービスを、各社の国内データセンターから提供開始することを発表した。

PHPCは、Windows Server、System Center、Exchange Server、SharePoint Server、Lync Serverを中心としたマイクロソフト製品を、パートナー企業が各社のデータセンターで運用し、プライベートクラウドサービスとして提供する。

日本マイクロソフトは、グローバルに展開するサービスとして、マイクロソフトのデータセンターからメールおよびコラボレーション機能をパブリッククラウドサービスとして提供する「Microsoft Office 365」を提供しているが、Office 365に加えて、多様化するユーザーのSLA(Service Level Agreement)や利用形態へのニーズに対応するため、PHPC提供各社と共に、各社のシステム構築・運用技術やサポートにおける強み・経験を生かしたクラウドサービスを新たに提供するもの。


日本マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

ニュースリリース
http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=4224

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック