PR

シトリックス、企業向けモバイルデバイス管理ソリューション「XenMobile MDM」を発表

2013年3月1日(金)

シトリックス・システムズ・ジャパン(以下、シトリックス)は2月28日、モバイルデバイス管理(Mobile Device Management:MDM)ソリューション「XenMobile MDM」を発表した。同時に、XenMobile MDMとCitrix CloudGatewayを組み合わせ、包括的なエンタープライズモビリティ管理(Enterprise Mobility Management:EMM)ソリューションをワンストップで提供する「モバイル ソリューション バンドル」も発表した。両ソリューションともに3月中旬より提供を開始する。

モバイルデバイス管理ソリューション「XenMobile MDM」は、会社支給のデバイスや従業員が個人で所有するデバイスに対する一元的な管理機能を提供する。ユーザーは、個人所有のデバイスをXenMobile MDMに登録することにより、IT部門は、ポリシーやアプリケーションを自動的にすべてのデバイスに配信する。さらに、モバイルアプリケーションのブラックリストやホワイトリストへの登録、ジェイルブレイクされたデバイスの検出や保護、さらには紛失や盗難またはコンプライアンス基準に適合しないデバイス内の情報のすべてもしくは一部の遠隔消去が可能となる。

XenMobile MDMは、安全性に優れたアーキテクチャーに基づいて構築され、Microsoft Active Directoryや公開鍵基盤(Public Key Infrastructure:PKI)システムと統合可能なだけでなく、セキュリティ情報管理やイベント管理ツールとも統合可能。

エンタープライズモビリティ管理ソリューション「モバイル ソリューション バンドル」は、XenMobile MDMとCitrix CloudGatewayを組み合わせることで包括的なエンタープライズモビリティ管理を実現する。モバイル ソリューション バンドルは、エンタープライズモビリティの管理や保護に必要な5つの機能を提供する。

・エンタープライズ向けMDM(XenMobile MDM)

会社支給か個人所有かによらず、ユーザーにデバイスの選択肢を提供し、デバイスのライフサイクル全体を管理する。

・安全なメール、ブラウザおよびデータ共有アプリケーション

IT部門が必要とする管理、コントロール機能とともに、リッチなユーザー体験を提供し、生産性を向上する。

・モバイルアプリコンテナ

デバイスネイティブのモバイルアプリケーションに対して、集中的に管理、セキュリティおよびコントロールを可能にする。

・統合アプリストア

30億以上のデバイスに対応し、ネイティブのモバイルアプリ、Windows、WebおよびSaaSといったあらゆる種類のアプリケーションに対する一元化された容易なアクセスを可能にする。

・ID連携とシングルサインオン、シナリオに基づくアクセス制御

ユーザーにシンプルなアクセス体験を提供し、IT部門にはシンプルなプロビジョニング体験を提供する。


シトリックス・システムズ・ジャパン
http://www.citrix.co.jp/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック