PR

さくらインターネット、「さくらのクラウド」サーバプランを刷新し、ラインアップを倍増

2013年7月3日(水)

さくらインターネットは7月2日、ハウジングの自由度とクラウドの使い勝手をあわせもつ仮想データセンターサービス「さくらのクラウド」のサーバプランを刷新し、2013年7月3日より提供開始すると発表した。

今回、サーバプランを刷新し、合計21種類から42種類へとラインアップを倍増することにより、用意されたプランからサーバを選ぶのではなく、CPUとメモリを自在に組み合わせて使う自由度を実現した。

また、現行プランと同スペックのものは最大で33%、平均で13%の値下げとなり、さらなるコストパフォーマンスを追求した。「メモリ1GBのプランがほしい」という声に応え、1日あたり95円、月額1,900円で使える1コア1GBプランも投入する。

刷新されるサーバプランの主な特徴は下記の通り。

・CPUとメモリを自在に組み合わせて使う自由度

クラウドを利用することにより、サーバの増減や利用期間に縛りがないという自由を手にした一方、物理サーバにはなかった「使いたいスペックのサーバが使えない」という窮屈さが生まれている。サービスリリース当初、「さくらのクラウド」は13プランからスタートし、「CPUだけ増やしたい」という声にお応えし、昨年2月にハイCPUプランを追加投入、現在は21プランへと拡充されている。
 今回、サーバスペックにおける自由度をさらに拡張し、合計42種類へとラインアップを倍増、用意されたプランからサーバを選ぶのではなく、CPUとメモリを自在に組み合わせて使う自由度を提供する。使いたい分だけ使えるのがクラウド最大の良さ。それをサーバ台数や利用期間だけでなく、サーバスペックでも実現した。
 また、人気のハイCPUプランを中心として、同等スペックの新プランの価格が最大で33%、平均13%の値下げとなり、CPUパワーを必要とするシステムでは大きなコスト削減が可能となる。圧倒的な性能とコストパフォーマンスに定評のある「さくらのクラウド」が、さらに使いやすくなった。

・1日あたり95円、月額1,900円で使える、1コア1GBプランを追加

現行プランでは、1コア2GBのプラン1(月額2,500円、日割126円)がミニマムスペックだったが、「メモリ1GBのプランがあるとうれしい」というユーザーの声に応え、1日あたり95円、月額1,900円で使える1コア1GBプランを追加する。実験や研究目的で自由に使えるサーバや、軽量なサービスのみを動かすサーバなど、スペックに適した用途に活用できる。

・新機能「スタティックルーティング」でネットワークの自由度が大幅に向上

6月27日にリリースした新機能「スタティックルーティング」により、IPアドレスブロックのスタティックルートを任意のサーバに設定することが可能となった。フロントにリバースプロキシを設置し、配下にWebサーバ、ローカル側にDBサーバとストレージサーバを置く3層構成や、ファイアウォール機能をもたせたサーバの配下にグローバルIPアドレスを割り当ててDMZを構築するなど、より柔軟で高度なネットワークを実現できる。


さくらのクラウド
http://cloud.sakura.ad.jp/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック