PR

Cloudera、Hadoopプラットフォームの最新版「Cloudera Enterprise 5」の一般向け提供を開始

2014年4月10日(木)

Clouderaは米国時間4月2日、同社のHadoopプラットフォームの最新版であり、エンタープライズデータハブの中核となる、「Cloudera Enterprise 5」の一般向け提供を開始した。

Cloudera Enterprise 5は、ユーザーにこれまでにないセキュリティ機能や管理機能、ガバナンスに向けた機能を備えた、オープンなデータマネージメント・プラットフォームを提供する。また、Cloudera Enterprise 5は、あらゆる形態のどんな規模のデータであっても、単一のセントラル・リポジトリ内に格納し、アクセスや分析処理を可能にするデータ管理のための協力な選択肢を提供する。

HadoopをコアとするCloudera Enterprise 5によって、エンタープライズデータハブでは、すべてのデータをそのままの形で単一のプットフォームに蓄積し、企業のさまざまなワークロードで処理および分析できるようになり、企業向けの実用的な経済性と技術を備えた。

Cloudera Enterprise 5は、既存のデータマネージメントシステムとの密接な連携が可能であり、また、企業ユーザーにとって非常に重要となる堅牢なセキュリティ、ガバナンス、データ保護、管理機能などを提供する。

堅牢なセキュリティ
必要に応じた十分なセキュリティを確保しつつ、あらゆるデータを、1ヶ所に格納することができる。データは、クラスターレベルから個々のバイト単位に至るまで暗号化させ、共通のセキュリティインフラ上で管理される。Cloudera Enterprise 5では、Cloudera ManagerおよびCloudera Navigatorによる認証確認、サードパーティのセキュリティ・プラグインによる拡張機能によって、集中的なセキュリティ管理を実現している。

総合的なデータマネージメント
Clouderaの次世代プラットフォームが複雑なシステムをよりシンプルにします。Cloudera Enterprise 5には、マルチリソース管理のためのYARNが含まれており、Hadoopベースのエンタープライズデータハブの利用や操作、管理をより容易なものにする。

コーポレート・ガバナンス
データに関するガバナンスやコンプライアンスの制御は、企業のビジネスの中核を成すもの。データ量と利用ユーザーの数が増加するにつれ、各種のリスクが高まる。Cloudera Enterprise 5に組み込まれた監査と品質管理機能は、ユーザーがデータをどこから取得し、どこに提供したかなど、データアクセスに関するレポートを提供する。

最もオープンなプラットフォーム
Clouderaは、ユーザーにとって重要なオープンソースをサポートする。Cloudera Enterprise 5についても同様で、Hadoop 2およびYARNを含む最新のオープンソースをサポートする。さらに、APIとSDK、NFSサポートと業界最大のパートナーエコシステムにより、既存のテクノロジー基盤と連携できるよう、Cloudera Enterpriseは構成・設計されている。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています