PR

Cloudera、ビッグデータ市場の拡大・成長とCloudera Enterpriseの拡販に向けCTCと販売代理店契約を締結

2014年3月8日(土)

Clouderaは3月4日、主力製品である「Cloudera Enterprise」の拡販に向け、伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)との間で販売代理店契約を締結したことを発表した。

今回の契約締結により、CTCはHadoopを活用したビッグデータソリューション「Cloudera Enterprise」の販売を開始するとともにCloudera Enterpriseを導入する企業に対して独自の事前検証(PoC)サービス、設計・構築サービス、運用支援サービスの提供を開始する。

CTCでは2013年10月にサービスを開始したログ分析ソリューションについてもCloudera Enterpriseを適用しサービス向上を図る。さらに、DWH内に蓄積されるデータ量の増加による処理速度の低下やコストの増大、従来型の基盤では解決が難しい非構造化データの管理等の課題を抱える企業に対して、DWHとClouderaの両方を組み合わせたソリューションの開発・提案を行う予定となっている。

Cloudera Enterpriseは、100%オープンソースのApache Hadoopディストリビューションと関連プロジェクトから成るCDH(Cloudera’s Distribution Including Apache Hadoop)と、システム管理ツールであるCloudera Manager、データ管理を担うCloudera Navigator、そしてテクニカルサポートを統合したビッグデータソリューション。Cloudera Enterpriseを利用することで、Hadoopを活用したデータ処理・分析基盤をより簡単に、効率的に構築することが可能になり、運用負荷の削減と安定稼働が実現できる。また、オープンソースを活用する上で課題となるサポートサービスも含まれている。これによりビッグデータを活用した企業の競争力強化につながるデータ活用基盤を容易に実現できる。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています