PR

アシスト、「LibreOffice」を使いこなすための書籍を発売

2014年4月15日(火)

アシストは4月9日、オープンソースのオフィス・ソフトウェアである「LibreOffice」を使いこなすための書籍、「これ一冊で完全理解 LibreOffice」(発行:日経BP社)を発売した。全国の主要書店で販売される。

「LibreOffice」は、オープンソースの統合オフィス・ソフトウェアであり、高機能ながら無償で自由に利用することができる。Microsoft Officeとの高い互換性を持ち、ワープロ・ソフトのWord、表計算ソフトのExcel、プレゼンテーション・ソフトのPowerPointで作成したデータも利用可能なことに加え、Windows版、Mac版、Linux版が提供されているため、どのOSのマシンでも利用できる。

アシストはオープンソースのオフィス・ソフトウェアである「OpenOffice.org」を2007年2月に社内標準ソフトウェアとして運用を開始、この経験を生かして、コンサルティング、導入支援、プロダクト・サポート、研修などの各種支援サービスを顧客企業に提供してきた。また、2012年6月にはOpenOffice.orgの派生ソフトウェアである「LibreOffice」を全社で採用。自社での活用や各種支援サービスを通して得られたノウハウをもとに、「LibreOffice」に関するノウハウを1冊の書籍としてまとめた。

LibreOfficeを使いこなすための活用方法を、逆引き形式でわかりやすく解説。ワープロ・ソフトのWriter、表計算ソフトのCalc、プレゼンテーション・ソフトのImpressに関し、それぞれスタイルや書式の設定方法、グラフの操作、アニメーション表現の工夫など、今すぐ役立つ活用方法を200個紹介している。作業項目別に体系立てて紹介しているため、やりたいことをすぐに参照し、実践することができる。また、LibreOfficeの一歩進んだ活用のために、マクロの基本についても紹介している。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています