PR

日立ソリューションズ、.NETアプリケーション開発用フレームワークをOSSとして公開

2014年5月1日(木)

日立ソリューションズは4月23日、Microsoft .NET Frameworkをベースとしたアプリケーション開発に必要な各種機能を提供するフレームワーク「Open棟梁」をオープンソースソフトウェア(OSS)として公開した。日立ソリューションズが中心となり、OSSコンソーシアムに、本OSSの普及に向けたコミュニティとして「.NET開発基盤部会(仮称)」を7月初旬に発足する予定。日立ソリューションズはこれらの活動により、「Open棟梁」ならびにシステム開発に欠かせないOSSの普及をめざす。

「Open棟梁」は、アプリケーション全体のアーキテクチャを統一する標準アーキテクチャ、入出力処理やデータベースアクセスなどの定型的な機能、開発ツール、テンプレートなどを提供し、高品質なアプリケーション開発を実現する。本フレームワークは日立ソリューションズにおいて、受託開発やプロダクト開発、小規模部門システムから大規模基幹システムまで約70件の開発案件に適用されており、これらの実績で蓄積したノウハウが集約されている。日立ソリューションズでは、本フレームワークを活用することで生産性や品質の向上を実現しており、信頼性の高いフレームワークとなっている。

今後、OSSコンソーシアムにおいて、部会設立準備ワーキングループ(WG)が「.NET開発基盤部会(仮称)」の発足に向けた活動を開始する。「.NET開発基盤部会(仮称)」では、情報交換と機能拡充に向けたコミュニティ活動を行い、この活動を通して急速に進化するIT技術に対応したOSSをめざす。

「Open棟梁」の主な特長は以下の通り。

・C/S、Webアプリ、Webサービス、RIA、組み込み、ハンディ、クラウドなど幅広く適用可能
異種透過性を実現した通信制御機能により、Web(ASP.NET, ASP.NET MVC)、C/S(WinForm, WPF)、バッチ、RIA(Silverlight, HTML5)、WebAPIなどの各種方式において、 UIサブシステムやアプリケーションとの接続が可能。これにより、多種多様なシステム構成のアプリケーションを開発することができる。

・アーキテクチャの標準化を促進するP/B/D層にわたるフレームワーク
UIを提供するプレゼンテーション層(P)、ビジネスプロセスを実装し、ロジックを記述するアプリケーション層(B)、データベースへのアクセスを制御するデータ層(D)の3層アーキテクチャを採用。それぞれのレイヤ(層)に2段階のベースクラスを持つことで、プロジェクト毎のカスタマイズを容易にする。

・自動ソース生成機能により開発効率が向上
データベースのテーブルを定義する動的パラメタライズド・クエリを活用し、CRUD処理コードを100%自動生成する。

・実績のある共通ライブラリー群を利用可能
文字列編集、入力チェック機能、カスタムコントロール、ログ出力、共有情報・メッセージ管理など、日立ソリューションズの社内で適用実績のある共通ライブラリー群を利用することが可能。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています