PR

ソフトバンク・テクノロジーがミラクル・リナックスの株式取得、子会社化を発表

2014年7月9日(水)
ソフトバンク・テクノロジー株式会社は、平成26年7月8日に開催した取締役会において、ミラクル・リナックス株式会社の株式を取得、子会社化すると発表した。
 
ミラクル・リナックスは、社名の由来ともなった国産LinuxOS「MIRACLE LINUX」の開発ベンダーとして平成12年に創業して以来、一貫してオープンソースソフトウェア(OSS)に軸足を置いた事業を展開してきた。同社は現在に至るまでに、Zabbixをベースとしたシステムの統合監視ソリューション「MIRACLE ZBX」、コンテンツ表示に特化したデジタルサイネージソリューション「MIRACLE VISUAL STATION」、及び各種デバイスに対応した組込みLinuxソリューションなど、コアテクノロジーを活用したサービスラインナップを拡充している。
 
一方、ソフトバンク・テクノロジーはこれまで、JavaやPerl、Rubyといったプログラム開発言語の活用や、LinuxOSから派生したAndroidOSに関連するアプリケーションの開発、統計解析向けのR言語やデータ分散処理のHadoopを活用した自社サービスの開発など、オープンソースソフトウェアを活用したITソリューションを積極的に推進してきた。
 
両社は、今後需要拡大が見込まれるIoTやクラウド事業の分野において、先進的で付加価値の高いサービス提供を見込み、両社の技術提携、および新たなサービスや事業の展開を視野に入れた資本提携を行うことに合意、今回の株式取得に至ったとしている。
 
株式の取得実行日は、2014年7月31日を予定している。
 
リンク
 

 

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています