PR

サーバー仮想化でストレージ管理も統合

2010年7月20日(火)
吉田 尚壮

業種を問わず、サーバー仮想化テクノロジーを導入する企業が急増している。意外と見過ごされがちであるが、サーバー仮想化環境ではストレージの管理性が重要になる。今回は、サーバー仮想化環境において、サーバー管理者でも簡単にストレージ管理が可能となるテクノロジーを紹介する。

データストアとストレージの関係

はじめに、サーバー仮想化環境とストレージの関係を整理しておこう。ここでは、サーバー仮想化製品の「VMware vSphere」を例に挙げて解説する。

仮想マシンをホストするサーバー(ESX)には、仮想マシンのデータを格納する「データストア」というボリュームが必要となる。このデータストアには、仮想マシンの構成情報ファイルや仮想マシンのOSが格納された仮想ディスク・ファイルなどが保存される。

ESXは、ストレージ上のボリュームをマウントしてデータストアを構成する。なお、サーバー仮想化に伴ってデータも集約されるので、ストレージは複数のESXで共有されるのが一般的だ。

ESXと共有ストレージは、専用のストレージ・ネットワークで接続され、SAN接続またはNAS接続が選択できる。SAN接続には、iSCSIまたはFibreChannel(以下FC)プロトコルが利用され、NAS接続にはNFSプロトコルが利用される(図1)。

図1:ESXとストレージの接続方法

サーバー仮想化環境における管理手段

基本的な構成を整理したところで、ストレージの管理に話を移したい。

VMware vSphereでは「vCenter」と呼ばれる統合管理フレームワークが提供されている。vCenterによって、仮想マシンの作成や構成変更、ESXのリソース制御などが可能で、また複数のESXおよび仮想マシンを統合的に管理することができる(図2)。なお、管理者は専用ユーザー・インターフェースである「vShpere Client」を通じてvCenterにアクセスする。

一方、ストレージの管理には、個々の製品に付属している管理ツールを利用してボリュームの作成や拡張、複製などを行う。一般的に、専用ソフトウエアまたはWebブラウザなどのユーザー・インターフェースが提供されている。

図2:vCenterのサーバー管理とストレージ管理

課題(1)管理の役割分担と負荷の増加

サーバー仮想化環境の管理においては、いくつかの課題が存在する。1つ目は、「管理の役割分担と負荷の増加」である。

サーバー仮想化の導入に伴い、初めて共有ストレージを導入する企業のケースを考えてみよう。一般的に、サーバー管理者が仮想マシンの運用管理を担うケースが多い。しかし、共有ストレージを初めて導入する場合、システム管理部門または担当者にストレージ管理という役割が増えることになる。

サーバー管理者は、サーバー仮想化レイヤーの管理スキルを習得しなければならないので、同時にストレージ管理スキルを習得することは大きな負担になるだろう。このような観点からもサーバー管理者は、ストレージ管理に対して漠然とした不安を抱いているケースが多い。一方、専任ストレージ管理者を配置すれば運用コストの負担が増加してしまう。

一方、共有ストレージは既に利用しているが、サーバー仮想化を初めて導入する企業の場合、サーバー管理者とストレージ管理者の役割分担を検討する必要がある。多くの場合、仮想マシンの作成や構成変更を行う度に、サーバー管理者はストレージ管理者へストレージの作業を依頼する業務プロセスになるだろう。それ自体が問題とは言い切れないが、サーバーとストレージの管理を完全に分割してしまうと、仮想化のメリット(迅速なサーバー作成や柔軟な構成変更の実現)が享受できなくなる可能性がある。

課題(2)サーバー仮想化環境の管理は複雑化する

2つ目の課題は「管理の複雑化」である。サーバー仮想化の導入に伴い、物理サーバー・レイヤーとストレージ・レイヤー(ネットワークとストレージ・アレイ)のほかに、仮想サーバー・レイヤーという管理対象が増える。しかし、レイヤーごとに管理ツールが分かれているので、透過的に管理する手段がなく効率的とは言えない。この状況で仮想マシンが増えてくると、管理の複雑さは増加の一途をたどる可能性が高い。

仮想サーバー環境の統合的な管理を実現するvCenterでも、ストレージを制御することはできず、ストレージの構成も限られた情報しか収集できない。同様に、ストレージの管理ツールからはESXや仮想マシンの制御はできず、構成情報も取得できない状況にある。

システムにトラブルが発生すると、複雑化の課題が顕著に表れる。例えば、何らかのトラブルでストレージの複数ボリュームにアクセスができなくなった場合、どの仮想マシンに影響を与えるかという情報が瞬時に把握できず、調査に時間を要することになる。問題解決に長い時間を消費すると、コストやサービス・レベルに悪影響を及ぼしてしまう。

EMCジャパン株式会社 プロダクト・ソリューションズ統括部

外資系通信キャリアでホスティングサービス向けシステム開発/設計や運用技術部リーダ、IT部門マネージャ等を経て、2006年よりEMCジャパン(株)に入社。以来、ミッドレンジストレージ製品を担当するSEとしてプリセールス活動に従事している。
 

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています