PR
連載: 

vCenter Lab Managerのメリット

2011年9月6日(火)
福留 真二

仮想環境とテスト/開発

VMware社がサーバ仮想化製品の販売を開始して以来、もはやサーバの仮想化については当たり前となってきました。現在、多くの企業がサーバを仮想化することでTCOの削減に成功しています。

特に、テスト/開発環境については優先して仮想化されるケースが多いといえます。テスト開発環境を仮想化することで、物理環境に比べて大幅に効率が改善されます。しかし、テスト/開発環境は独特のニーズがあります。それは、多くの種類や状態のマシンを大量に必要とするというニーズです。vSphereで仮想化することで、物理環境よりは効率的に環境を用意できるようになりますが、まだまだテスト/開発環境の独特のニーズにこたえられていない面があります。

ここでは、VMware社が提供しているテスト/開発環境を効率的に使用するための製品であるLab Managerを紹介します。Lab Managerの導入により、どのように効率化がもたらされるのかということも紹介します。

なお、Lab Managerのサポートは2013年に終了するようです。後継となる製品はvCloud Directorであり、そのもととなっている製品がLab Managerです。

Lab Managerとは

Lab Managerは、開発/テスト環境を主なターゲットとして開発された製品です。Lab ManagerはvCenterと連携することで、vCenter単体よりも効率的に仮想環境を使用/管理できます。Lab Managerは仮想マシンを効率的にデプロイ(展開・運用)する機能を持っており、管理者/ユーザーはWebブラウザ経由で操作できます。さらに、vCenterには搭載していない便利な機能もあります。これらの機能を活用することで、より効率的に仮想環境を展開・運用することができます。

図1:Lab Managerの構成とシステムのイメージ(クリックで拡大)
株式会社ネットワールド

株式会社ネットワールド所属。VMwareを中心とした仮想化関連製品のプリセールス、サービスデリバリーに従事。トレーニングやセミナーなどでスピーカーを担当することもしばしば。
最近注力しているのは、VMware vCloud Directorなどクラウド関連製品。慣れない概念や聞いたことのない用語と悪戦苦闘する毎日。地方から出てきたITを使いこなせないアナログSEで苦手なものは機械全般。

連載記事一覧

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内

関連記事