PR

vCenter Lab Managerの導入

2011年9月20日(火)
福留 真二

本連載の第2回では、Lab Managerを使用するための前提条件について解説しました。今回は、Lab Managerのインストールや初期設定について説明していきます。

インストールの事前準備

まずは、Lab Managerをインストールする前に必要となる設定を紹介します。Windows Server 2003では、以下の設定を行っておく必要があります。

IIS/ASP.NETのインストール
Windows Server 2003でIIS/ASP.NET用のコンポーネントを追加してください。
.NET Frameworkのインストール
マイクロソフト社のサイトよりダウンロードしてインストールを行ってください。
静的IPアドレスの設定
DHCPではなく固定IPアドレスを設定してください。
プライマリDNSサフィックスの設定
Windows Server 2003の[マイコンピュータ]のプロパティを開き、[コンピュータ名]タブ→[変更]→[詳細]の順にクリックすれば設定個所が表示されます。

上記のような事前準備ができていない状態でLab Managerのインストーラを起動すると、次のように事前準備をするよう要求されます。

図3-1:事前設定エラー

Lab Managerのインストール

上記の準備ができたら、Lab Managerサーバのインストールを行います。事前準備が完了していれば、次のようにインストールウィザードでクリックしていくだけです。

  • [1]ダウンロードした[VMware-vCenter-Lab-Manager-4.0.2-1269.exe]ファイルを実行します。
  • [2][Welcome to …]画面で[Next]をクリックします。
  • [3][License Agreement]画面で[I accept the terms in the license agreement]を選択し、[Next]をクリックします。
  • [4][Setup Type]画面で[Express]もしくは[Custom]を選択し、[Next]をクリックします。[Express]を選択した場合は、手順[11]に進んでください。[Custom]を選択した場合は、手順[6]に進んでください。
  • [5][Destination Folder]画面でプログラムのインストールフォルダを指定し、[Next]をクリックします。
  • [6][Enter Password]画面で[VMwareLMWeb]ユーザーや[VMwareLMUser]ユーザーのパスワードを入力し、[Next]をクリックします。Lab Managerではランダムにパスワードを作成しますが、パスワードのポリシーに制限がある場合など、手動でパスワードを指定してください。
  • [7][NIC IP Address]画面でLab Managerで使用するIPアドレスを指定し、[Next]をクリックします。Lab Managerを導入するサーバに複数のNICがある場合は、明示的に選択する必要があります。
  • [8][Domain Name]画面でFQDNを確認し、[Next]をクリックします。
  • [9][Web]サイト画面でLab Manager用のWebサイトを選択し、[Next]をクリックします。
  • [10][SSL Port Number]画面でWebサイトのSSLポート番号を入力し、[Next]をクリックします。
  • [11][Ready to Install the Program]画面で[Install]をクリックし、インストールを開始します。
  • [12][InstallShield Wizard Completed]画面で[Finish]をクリックし、インストールを完了します。[Launch VMware vCenter Lab Manager]にチェックを入れると、自動的にWebブラウザが立ち上がり、初期セットアップ画面が表示されます。
  • [13][セキュリティの警告]画面で[はい]をクリックします。
  • [14][VMware vCenter Lab Manager Initialization Wizard]が起動します。

以上でLab Managerのインストールは完了です。続いて、Lab Managerの初期設定に進みます。

株式会社ネットワールド

株式会社ネットワールド所属。VMwareを中心とした仮想化関連製品のプリセールス、サービスデリバリーに従事。トレーニングやセミナーなどでスピーカーを担当することもしばしば。
最近注力しているのは、VMware vCloud Directorなどクラウド関連製品。慣れない概念や聞いたことのない用語と悪戦苦闘する毎日。地方から出てきたITを使いこなせないアナログSEで苦手なものは機械全般。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています