PR

VMware vCenter CapacityIQの基礎知識

2011年9月7日(水)
沢田 礼子

VMware vCenter CapacityIQとは

VMware vCenter CapacityIQ(以下、CapacityIQ)は、仮想環境内のリソース監視を行うためのソフトウェアです。現在のリソース使用の推移をグラフで表示・把握できるだけではなく、現在までのトレンド(使用傾向)をもとにいつごろvSphere環境のハードウェアリソースを使い切ってしまうかといったシミュレーションが可能です。

CapacityIQサーバーは、仮想アプライアンスとして提供されています。仮想アプライアンスとは、ゲストOSやアプリケーションがすでにセットアップされている仮想マシンイメージです。仮想アプライアンスをvCenterサーバーからESX/ESXiにインポートすることで、作成済み仮想マシンとして稼働させることができます。仮想アプライアンスを利用すると、ゲストOSやアプリケーションのセットアップ作業を行うことなく、すでにセットアップ済みのアプリケーションを簡単に動作させることができるのです。

CapacityIQのシステム構成

CapacityIQは、図1のようなシステム構成で利用します。

図1:CapacityIQを利用する場合のシステム構成イメージ
株式会社ネットワールド

株式会社ネットワールド所属。VMware製品のプリセールスや仮想化インフラ構築に従事するとともに、VMwareプロダクトのトレーナーを担当。
国外の医学部を卒業後に医師を目指すも、紆余曲折の後IT業界に身を投じる。某大手クライアントのカスタマーサポートセンター、Windows系インフラ構築プロジェクト、Webアプリケーション系運用構築などを経てネットワールド社に入社。趣味は「自宅で仮想化」「三味線」「ネイルアート」など。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています