PR

Lab Managerを使用するための前提条件

2011年9月13日(火)
福留 真二

Lab Managerに必要なソフトウェアコンポーネント

今回は、Lab Managerを使用するための前提条件について説明します。まずは図1に、Lab Managerを使用する際に必要となるソフトウェアコンポーネント(構成要素)を示します。

図1:Lab Managerに必要なソフトウェアコンポーネント(クリックで拡大)

この図に示されるように、Lab ManagerはvCenterと連携して機能する製品となります。そのため、Lab Managerの動作環境では、vCenterによってESX(i)が管理されていることが前提となります。しかし、そういった環境が構築されていれば、Lab Managerの導入時には、vCenterと連携させるだけなので、既存のvSphereの環境を大きく変更する必要はありません。

システム構成上は、次の点に注意する必要があります。

  • ESXとESXiが混在するクラスタの環境はサポートされません。
  • Lab Managerへのアクセス制御をLDAPサーバで行う場合は、LDAPサーバが必要です。
  • Eメールでの通知を行いたい場合は、SMTPサーバが必要です。
  • リンククローンを使用する場合、1つのデータストアを共有できるホストは8台以内という制限があります。
株式会社ネットワールド

株式会社ネットワールド所属。VMwareを中心とした仮想化関連製品のプリセールス、サービスデリバリーに従事。トレーニングやセミナーなどでスピーカーを担当することもしばしば。
最近注力しているのは、VMware vCloud Directorなどクラウド関連製品。慣れない概念や聞いたことのない用語と悪戦苦闘する毎日。地方から出てきたITを使いこなせないアナログSEで苦手なものは機械全般。

連載記事一覧

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内

関連記事