PR

Silverlight 4の印刷機能:DataGrid編

2010年8月3日(火)
PROJECT KySS

ロジックコードを記述する

次に処理を記述します。

ソリューションエクスプローラ内のMainPage.xamlを展開し、MainPage.xaml.vbをダブルクリックしてコード画面を開きます。

リスト4のようにロジックコードを記述します。

リスト4: ロジックコード(MainPage.xaml.vb)

LINQ to XMLでXMLを処理するクラスの含まれる、System.Xml.Linq名前空間をインポートします。印刷の機能を提供するクラスの含まれるSystem.Windows.Printing名前空間をインポートします。

personalInfoクラス内に、「氏名、年齢、住所、勤務先」のプロパティを定義します。

VS 2008では、単にフィールドに値を保存したり、取得したりするにも、Get/Setコードを記述する必要があり、コード自体が冗長になっていました。しかし、VS 2010では、VB 2010の自動実装プロパティを使用することができ、personalInfoクラスを以下のコードだけを使用して実装できるようになりました。

personalInfoクラスのリストとして作成するmyPersonalInfoをメンバ変数として宣言します。

■ページが読み込まれたときの処理

XElement.LoadメソッドでXML文書ファイルを読み込みます。要素のコレクションを取得するクエリ(query)を定義します。

queryを実行します。クエリコレクション内を反復処理しながら、Addメソッドで、personalInfoクラスの各プロパティ(「氏名、年齢、住所、勤務先」)に、XMLの各要素(、、、)の値を追加します。

DataGridコントロール(名前はDataGrid1)のItemsSourceプロパティに、myPersonalInfoオブジェクトを指定します。これで、DataGrid内にXMLデータが表示されます。

■[印刷]ボタンがクリックされた時の処理

新しいPrintDocumentのインスタンスmyPrintオブジェクトを生成します。PrintDocumentクラスはSilverlightアプリケーションの印刷機能を提供するクラスです。

ページの印刷中に発生するPrintPageイベントで、DataGrid_Printプロシージャを実行します。印刷が完了したときに発生する、EndPrintイベントでは、DataGrid_EndPrintプロシージャを実行します。

Printメソッドで印刷キューに指定するドキュメントの名前を指定して、印刷を開始します。

■DataGrid内のデータを複数ページに渡って印刷する処理

新しいWrapPanelのインスタンスmyWrapPanelオブジェクトを生成します。

加算されるメンバ変数pageNumberが、PersonalInfoクラスのリストであるmyPersonalInfoオブジェクトに追加されたデータの個数より小さい間、Whileステートメントで以下の処理を繰り返します。

新しい、SilverlightControl1(Silverlight ユーザーコントロール)のインスタンスmySilverlightControl1オブジェクトを生成し、DataContextプロパティにPersonalInfoクラスのリストとして作成した、myPersonalInfoオブジェクトを指定します。添え字に、加算されるpageNumberを指定します。WrapPanelコントロールにDataContextの設定された、mySilverlightControl1オブジェクトを追加します。

WrapPanelに対して、SizeにWidthとHeightを指定して、Measureメソッドを呼び出します。Widthには印刷可能なWidth(e.PrintableArea.Width)を指定し、Heightには正の無限大を表すDouble.PositiveInfinityを指定します。

Measureメソッドは、レイアウト処理の測定パスの実行中に、UIElementが計算したサイズを更新します。

WrapPanelのDesiredSize.Heightが、印刷可能なHeight(e.PrintableArea.Height)より大きく、かつ、WrapPanelコントロールに追加されたmySilverlightControl1オブジェクトの個数が1より大きかった場合は、WrapPanelコントロールから、RemoveメソッドでmySilverlightControl1オブジェクトを削除し、HasMorePagesプロパティにTrueを指定して、まだ印刷するページがあることを明示します。次にWhileステートメントから抜けます。

HasMorePagesプロパティにTrueを指定すると、印刷するページがある限り、PrintPageイベントでDataGrid_Printプロシージャが呼び出されます。DataGrid_Printが呼び出され、新しいWrapPanelオブジェクトが生成されmySilverlightControl1オブジェクトが追加される前に、すでにmySilverlightControl1オブジェクトが追加されている場合は、一度RemoveメソッドでmySilverlightControl1オブジェクトを削除しておきます。この処理をしなければ、ごみが入る場合があります(図9)。PersonalInfoクラスのリストとして作成したmyPersonalInfoオブジェクトの添え字に指定した、pageNumber変数を加算します。印刷する要素を指定するPageVisualプロパティに、WrapPanelのオブジェクトであるmyWrapPanelを指定します。これで、DataGridコントロールに表示されていたデータの一覧が、Silverlightユーザーコントロール(SilverlightControl1.xaml)で定義した形式で、印刷、または書き出されます。

■印刷が完了したときの処理

「完了」というメッセージを表示します。

この「完了」というメッセージが表示されない限り、XPSファイルは書き出されませんので、注意してください。

図9: XPSファイルに書き出した際、先頭にごみが入っている

四国のSOHO。薬師寺国安(VBプログラマ)と、薬師寺聖(デザイナ、エンジニア)によるコラボレーション・ユニット。1997年6月、Dynamic HTMLとDirectAnimationの普及を目的として結成。共同開発やユニット名義での執筆活動を行う。XMLおよび.NETに関する著書や連載多数。最新刊は「Silverlight実践プログラミング」両名とも、Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。http://www.PROJECTKySS.NET/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています