PR

DataGridのデータをマルチ選択、カンマ区切りで保存する

2010年8月27日(金)
PROJECT KySS

DataGridのデータをマルチ選択してコピーし、TextBox内に貼り付け保存する

最終回となる今回で紹介するのは、DataGridに表示されているデータを、[CTRL]キーを押しながらマルチ選択してコピーし、TextBox内にカンマ区切りで貼り付け、CSV形式のファイルとして保存するものです。

実装する機能の動作は次の通りです。

DataGridに表示されているデータを、[CTRL]キーを押しながら、マルチ選択し、マウスの右クリックで表示されるメニューからコピーを選択します(図1)。コピーしたデータをTextBox内に、カンマ区切りで貼り付けます(図2)。TextBox内のカンマ区切りのデータを、保存ダイアログボックスを表示してCSV形式で保存します(図3)。保存されたCSVファイルをExcelで開くと、先頭には項目名が追加されたデータが表示されます(図4)。DataGrid内のデータは、Shiftキーでの複数選択には対応していません。また、同一データの複数ペーストには対応していません。

図1: マルチ選択したデータをメニューからコピーする(クリックで拡大)

図2: TextBox内にカンマ区切りで貼り付ける(クリックで拡大)

図3: 保存ダイアログボックスが開き任意の名称で保存する(クリックで拡大)

図4: Excel2010で保存したファイルを開いた。先頭に項目名が入っている

サンプル・ファイルはこちらからダウンロードできます。

四国のSOHO。薬師寺国安(VBプログラマ)と、薬師寺聖(デザイナ、エンジニア)によるコラボレーション・ユニット。1997年6月、Dynamic HTMLとDirectAnimationの普及を目的として結成。共同開発やユニット名義での執筆活動を行う。XMLおよび.NETに関する著書や連載多数。最新刊は「Silverlight実践プログラミング」両名とも、Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。http://www.PROJECTKySS.NET/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています