PR

ネットワーク障害と管理ツールの機能

2010年12月17日(金)
新納 辰見

今日では、規模の大小にかかわらず、ビジネスにおいて電子メールは非常に重要なツールとなっている。メールなしではビジネスが停止してしまうこともあるだろう。もちろん、ショッピング・サイトを始めとするWebサイトも、メール同様に重要だ。

メールもWebも、ベースとなっているのはネットワークだ。ISP(プロバイダ)、携帯キャリアなどの通信事業者は言うまでもなく、証券・銀行などの公共性の高いサービスにおいても、ネットワークのダウンは非常に大きな問題となる。

こうした企業では、万が一の障害に備え、回線やネットワーク機器を冗長化したり、監視ツールを導入して障害をいち早く発見・保守する体制を整え、24時間365日停止しないネットワークを維持している。冗長化にせよ、監視や保守の体制にせよ、障害は発生するものだ、という前提で準備をしている。

障害の原因は、大きく分けると、機器の故障と人為的なもの2種類になる。今回は、ネットワーク全体を対象とすると範囲が広すぎるので、L2スイッチに的を絞って、まずは機器の故障から解説していくことにする。

なぜネットワーク機器は故障するのか

この世の中に永遠の寿命を持ったものはない。と言ってしまえばおしまいだが、電子機器の中には数多くの電子部品が使用されており、部品の寿命は身近な話題だ。ネットワーク機器も、電子機器の1つだ。技術の進歩によって、昔に比べれば個々の部品の信頼性は向上し、部品点数も減っているが、かなりの数の部品が使われていることには違いない。

機器のカタログでMTBF(Mean Time Between Failure)という文字を目にすることがある。これは、日本語では平均故障間隔と呼ばれ、平均故障率の逆数でもある。保守を考える上で、この値は重要となる。1996年ごろまで、このMTBF値を計算するのに、MIL-HDBK-217(米国防省信頼度予測モデル)が使われていた。

MTBFの計算方法は、2種類あった。1つは、それぞれの部品の数を数え、それに部品ごとの係数を掛けたものを合計し、平均故障率を割り出して、その逆数から求める方法。もう1つは、機器を実稼働状態にして、それぞれの部品にかかるストレス(電流、電圧、電力、温度など)を測定し、これに係数を掛けて、すべての部品の故障率を足したものを逆数にする、という方法だ。

後者では、温度の影響が特に大きく、部品の表面温度が10度違えば寿命が数分の1になることもある。実際のところ、寿命に関係する要因はこれだけではなく、湿度やホコリなども関係し、結果としてMTBFが設計値を下回ることがある。近年では、製造工程に起因する不具合が一番多いようだ。

計算上、L2スイッチのMTBFは、数十年となることが多い。

人為的な要因

次に、人為的な要因について、一例を挙げて説明しよう。

導入当初を除けば、L2スイッチのレベルでトラブルが発生することはあまり無い。しかし、完全にないというわけではない。

例えば、新しいPCを購入してネットワークに接続した際に、LANケーブルの一方をスイッチに差し、もう一方もスイッチに差してしまったとする。こうすると、ネットワークのループが形成される。この場合、ブロードキャスト・ストームと呼ばれる大量のブロードキャスト・パケットが発生し、ネットワークの回線をすべて占有してしまい、通信ができなくなる。

これを防止する策の1つが、Spanning Tree Protocol(以下、STP)であり、STPがデフォルトで有効になっているスイッチも多い。STPは、L2環境下におけるネットワークのループ形成時に、ループが発生している物理ポートの1つに対してデータ転送をさせなくする機能だ。

STPが有効になっていると、スイッチに新たな機器を接続するごとに、どのポートがループ経路上にあるかを確認する手順が必要になる。この作業のため、最初の30秒ほどは、ネットワークを利用できない。ケーブルを接続してすぐに通信できないスイッチは、大抵この機能が有効になっている。

STPはループに対して有効だが、利用者の利便性を優先して、STPの機能自体をオフにしているケースもあるだろう。この状態で、もし、その配下のスイッチがループしていたとすれば、発見は困難になるだろう。

過去2回にわたって紹介している韓国HandreamnetのSGスイッチなら、STPを無効にした状態でもループを遮断できる。

図1: ループ形成とSTP(クリックで拡大)
株式会社ネットワールド

1990年 ネットワールド創立当初からのメンバー
自社製ハードウェアのサポート、Lotus Dominoのインストラクターを経て2001年よりセキュリティ関連製品のサポートに従事

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています