PR

Herokuのアドオンと外部サービスを活用しよう

2011年4月1日(金)
安達 輝雄(あだち てるお)

Hoptoad

Hoptoadは、Webアプリケーションで発生したエラーを検知し、それらのエラー情報をHoptoadのWebサービス上で管理/確認できるサービスです。

また、Webアプリケーションでエラーが発生した際に、登録しているユーザーに対してエラー通知メールを送信するサービスも提供しています。

Ruby On Railsフレームワークを利用したWebアプリケーション以外にも、PHP、.Net、Java、Ruby、Python、Perl、Merb、ColdFusion、Erlangなど多くの言語/フレームワークに対応しています。なお、最近ではiOSアプリケーションにも対応したようです。

Webアプリケーションで発生したエラーは、すべてHoptoadに通知されます。このため、エラーの一括管理が可能となり、さらにそれぞれのエラーは対応状況のステータスを持つため、対応したかどうかの管理もできるようになっています。

図2: hoptoadの画面

図2: hoptoadの画面(クリックで拡大)

SonicGardenでは、以前はWebアプリケーションごとに、エラー発生時にメールで通知するライブラリを組み込んでいました。こうして検知したエラーを、Redmineのような課題管理ツールに登録して、対応状況のステータスを管理していました。

しかし、扱うWebサービスが多くなってくると、Webアプリケーションごとにエラー・ハンドリングの仕組みを導入するのが面倒になったり、課題管理ツールに登録するのが面倒になったりしたため、Hoptoadを採用しました。

ほかにも、Hoptoadの利用によって以下のようなメリットがあるため、SonicGardenが提供している全Webサービスで利用することにしました。

  • エラー通知メールのテストが容易
  • cronなどのバッチ処理におけるエラー・ハンドリングも容易に実現可能
  • 過去に発生した類似エラーが参照できる仕組みになっている
  • エラーごとにステータス管理(resolved/unresolved)が可能
  • 環境(本番環境/テスト環境)ごとにエラーの表示が異なり、見やすい

HoptoadをHerokuで利用する

HoptoadをHerokuで利用する場合は、以下のコマンドを発行するか、HerokuのWebサービスにログインして、利用アドオンに追加します。

$ heroku addons:add hoptoad:basic

アドオンを追加したあとは、こちらのようにWebアプリケーションに設定をするだけで利用可能になります。

第2回で触れた通り、上記で紹介したNewRelicとHoptoadなどの外部サービス以外にも、SonicGardenではいくつもの外部サービスを利用しています。

変化を柔軟に受け入れ、迅速に逐次改修を加えていくことができるよう、Webサービスの本質でないところに関しては外部サービス(SaaS)をうまく活用しています。SaaSの活用によって、開発/リリースのサイクルを短くし、スピード感を持ったサービス提供を実現しています。

世界には、数多くのWebサービスが存在します。それらクラウド(SaaS)のさらなる活用によって、生産性をもっと向上させることができるかもしれません。

まとめ

これまでの4回の連載により、ARCを実践するための基礎知識を十分に理解できたと思います。

連載の前半では、ARCを活用した事例をもとに、そこでの開発体制や開発環境、マネージメントのポリシーや価値観などについて解説し、連載の後半では、実践編として、RubyのPaaSである「Heroku」の活用方法や、外部サービスの活用について解説しました。

これまでに解説した内容をもとに、読者の皆さまも、ぜひ、ARCにチャレンジしてみてください。"ユーザーにとっても開発者にとっても"幸せなソフトウエア開発ライフを送れるようになります。

著者
安達 輝雄(あだち てるお)
TIS株式会社

TIS株式会社の「SonicGarden」にて、Ruby On Rails製の社内SNS「SKIP」の開発や、youRoomをはじめとするSonicGardenが提供するウェブサービス全般の運用/保守を手がける。
主な著作:クラウドAmazon EC2/S3のすべて(2009,日経BP社)など。ブログはこちら  
Twitter:@interu(http://twitter.com/interu
 

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています