PR

ゲームのロジック作成

2011年5月13日(金)
北村 真二

うさぎとオオカミの位置調整

ここまでの変更でオオカミがうさぎに向かって移動してくるようになる。ただしこのままではオオカミとうさぎは同じマス目に重なって停止してしまう。そこで同じマス目に複数のキャラクターが配置されないようにしてみよう。それから、今までは停止しているか移動しているかをフラグで判断していたが、今後の拡張のために、それに変わるステータスプロパティーをGamePieceViewに追加する。

//ステータス
typedef enum{
  STATE_STAY			=0,	//停止
  STATE_MOVEING		=1,	//移動
} PieceState;

@interface GamePieceView : UIView {
  ~ 略 ~
  PieceState		state;		//ステータス
  }
  ~ 略 ~
@property (nonatomic, assign) PieceState		state;
@end

さらにキャラクターの移動停止をチェックするデリゲートメソッドもプロトコルに追加する。

//プロトコル宣言
@protocol GamePieceViewDelegate
  ~ 略 ~
-(BOOL)gamePieceIsMoveFinish:(GamePieceView*)piece;
@end

このメソッドはGamePieceViewの移動アニメーション終了の animationDidStop:finished: の中で呼ぶようにし、GameControllerで以下のように実装する。マス目のインデックス値からオオカミとうさぎが隣同士にいるかどうかを判定するメソッドを作り、隣接するマス目にいるなら YES を返し移動を終了するようにしている。

// うさぎキャラとの隣接判定
-(BOOL)isNearPlayerPiece:(GamePieceView*)piece {
  BOOL	ret = NO;
  //オオカミの場合...
  if(piece.type==TYPE_WLOF) {
  		int	tileIndex, targetIndex;
  		//オオカミの現在の位置
  		tileIndex = piece.tile.tileIndex;
  		//うさぎの現在の位置
  		targetIndex = pieceView.tile.tileIndex;
  		if( tileIndex==targetIndex || 
  				tileIndex+1==targetIndex || 
  				tileIndex-1==targetIndex || 
  				tileIndex+TILE_W_COUNT==targetIndex ||
  				tileIndex-TILE_W_COUNT==targetIndex ) {
  					ret = YES;
  				}
  				return	ret;
  		} else {
  				return	NO;
  }
}
// 移動を終了させるなら YES を返す
-(BOOL)gamePieceIsMoveFinish:(GamePieceView*)piece {
  return	[self isNearPlayerPiece:piece];
}

また、先ほどのうさぎキャラの配置位置を返すメソッドもこの判定メソッドを使い更新しておく。これによりオオカミが停止中の場合はうさぎが隣接位置にいない場合のみ移動を開始するようになる。

// うさぎキャラの配置されているGameBoardTileを返す
-(GameBoardTile*)gamePieceTargetMovTile:(GamePieceView*)piece {
  	GameBoardTile*	tile=nil;
  	if([self isNearPlayerPiece:piece]==NO){
  		tile = [pieceView tile];
  }
  return	tile;
}

今回のサンプル一式は、会員限定特典としてダウンロードできる。記事末尾をご確認いただきたい。

次回はもう少しゲームロジックの話をさせてもらおうと思う。

Think IT会員限定特典
  • 「ゲームのロジック作成」サンプルプログラム

STUDIO SHIN

家庭用ゲームの企画開発、Mac OS / iOSアプリの開発を主な生業とする。
20年ほど前から家庭用ゲーム開発に携わりファミコンからDS、PSP、Wiiまで幅広く開発。15年前からMac OS Xアプリケーションを開発「DotShotX」「GIFQuickMaker」などを公開。iPhoneアプリ「将棋盤」「DotTouch」「Rabbit Maze」などを開発。開発アプリはアップルのApp Storeで公開中。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています