PR

ゲームのロジック作成

2011年5月13日(金)
北村 真二

サンプルプログラムの整理

今回からゲームのロジックの説明に入ろうと思う。まずは前々回までのサンプルコードのおさらいをしておこう。

まず、今回素材として解説している「Rabbit Maze」というゲームは筆者がApp Storeにて公開しているアクションパズルゲームだ。

そして、このゲームでは筆者が将棋のゲームを作るために作成した、以下の4つのクラスを元にしている。

  • GameBoardView(ゲーム盤のビュークラス)
  • GameBoardTile(マス目のクラス)
  • GameObjectView(駒のビュークラス)
  • GameController(ゲームのロジックを管理するクラス)

これらは、駒をマス目の上で移動させるボードゲーム用のクラスだ。今回は主にGameControllerクラスについて解説していく。

解説の前にサンプルコードの設計について触れるが、これらのボードゲーム用のクラスは「マス目の上で駒を移動させる」ための基礎クラスとして作った。なので本来はこれをスーパークラスとするサブクラスを作って、それを拡張するように作っていくのがObjective-Cの基本的なプログラミングの仕方だ。だが、サンプルコードを簡略化するためにサブクラス化せず、このクラスをそのまま更新していくことにする。

図1:うさぎとオオカミ配置(クリックで拡大)

GamePieceViewの拡張

それではプログラムの実装に戻ろう。前々回のサンプルではうさぎを配置して、タップした場所に移動するまでの実装を行った。今回はオオカミを配置して、オオカミがうさぎを追いかけるようにしてみよう。そのためのGamePieceViewとGameControllerに以下のコードを追加する。

うさぎもオオカミもGamePieceViewクラスで配置することになるので、区別するためinterfaceにtypeプロパティーを追加する。キャラクターのタイプを定義する定数も以下の用に定義する。

typedef enum{
		TYPE_RABBIT	=0,	//うさぎ
    TYPE_WLOF		=1,	//オオカミ
} PieceType;

@interface GamePieceView : UIView {
    ~ 略 ~
    PieceType		type;		//タイプ
}
    ~ 略 ~
@property (nonatomic, assign) PieceType			type;
@end

以下のプロトコル宣言も追加する。これはGamePieceViewのデリゲートであるGameControllerが実装し、うさぎのいる位置のGameBoardTileを返すためのデリゲートメソッドだ。

//プロトコル宣言
@protocol GamePieceViewDelegate
    ~ 略 ~
-(GameBoardTile*)gamePieceTargetMovTile:(GamePieceView*)piece;
@end

次にGamePieceViewの実装部の変更だ。GamePieceViewは一定時間ごとに処理を行うタイマーを設定してある。そのタイマーから呼ばれるメソッドで先ほどのデリゲートメソッドにて移動先のGameBoardTileをデリゲートオブジェクトに要求する。そして戻り値を移動先として設定する。

-(void) moveAction:(NSTimer*)timer {
    BOOL	update = NO;
    delay_mov += 1.0 / 60;
    //移動中
    if( isMoveing ){
    		~ 略 ~
    }
    //停止中
    else {
    		animeIndex = 0;
    		////////////////////////////////////////////////////
    		//オオカミの場合... 
    		if(type==PIECETYPE_WLOF) {
    				//デリゲートに移動先のタイルを要求する
    				if( [delegate respondsToSelector:@selector(gamePieceTargetMovTile:)] ){
    						GameBoardTile*    ret_tile = [delegate gamePieceTargetMovTile:self];
    						if( ret_tile ){
    								[self moveWith:ret_tile];
    						}
    				}
    		}
    		////////////////////////////////////////////////////
    }
    ~ 略 ~
}
Think IT会員限定特典
  • 「ゲームのロジック作成」サンプルプログラム

STUDIO SHIN

家庭用ゲームの企画開発、Mac OS / iOSアプリの開発を主な生業とする。
20年ほど前から家庭用ゲーム開発に携わりファミコンからDS、PSP、Wiiまで幅広く開発。15年前からMac OS Xアプリケーションを開発「DotShotX」「GIFQuickMaker」などを公開。iPhoneアプリ「将棋盤」「DotTouch」「Rabbit Maze」などを開発。開発アプリはアップルのApp Storeで公開中。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています