PR

ゲームの仕上げ

2011年6月3日(金)
北村 真二

今回でこの連載も最終回となる、最後にサウンド再生、残りタイム表示と、ゲームがタイトル画面とゲーム画面のフローでループできるよう実装して、ゲーム部分の仕上げをしたいと思う。

サウンドの再生

まずはサウンドの再生から実装していこう。ゲーム中ではSE(サウンドエフェクト)とBGMの2つを鳴らすが、それぞれ必要なフレームワークをプロジェクトに追加する必要がある。AudioToolboxとAVFoundationの2つのフレームワークを追加しよう。

図1:フレームワークの追加(クリックで拡大)

そして、GameController.h に以下のようにサウンド用のプロパティーを追加しておく。

@interface GameController : NSObject {
  GameBoardView		*gameView;
  GamePieceView		*pieceView;		//うさぎ
  GamePieceView		*enemyView;		//オオカミ
  int				carotCount;
  BOOL				isGameClear;

  //サウンド
  NSMutableArray*		seArray;		//SEの配列
  AVAudioPlayer*		bgmPlayer;		//BGM再生クラス
}

SEの再生

まずSEを再生しよう。サウンドデータを作りプロジェクトに追加する必要がある、本来はシーンごとにSEを用意するのだが今回は1つのSEを鳴らすようにする。iOSでは .aif / .wav / .mp3 などの一般的なフォーマットを再生することができるが、今回は se00.caf というコア・オーディオというフォーマットのサウンドファイルを使用することにする。コア・オーディオファイルについては後ほど説明する。

SEは再生用のクラスとそのインスタンス作り、それで再生を行う。以下がSE再生用のクラスになる。

<クラス定義>

#import <UIKit/UIKit.h>
#import <AudioToolbox/AudioServices.h>

@interface SoundEffect : NSObject {
  SystemSoundID soundID;
}
- (id)initWithContentsOfFile:(NSString *)path;
- (void)play;
@end

<クラス実装部>

#import "SoundEffect.h"

@implementation SoundEffect
- (id)initWithContentsOfFile:(NSString *)path {
  self = [super init];
  if (self != nil) {
  NSURL *aFileURL = [NSURL fileURLWithPath:path isDirectory:NO];
  AudioServicesCreateSystemSoundID((CFURLRef)aFileURL, &soundID);
  }
  return self;
}

-(void)dealloc {
  AudioServicesDisposeSystemSoundID(soundID);
  [super dealloc];
}

-(void)play {
  AudioServicesPlaySystemSound(soundID);
}

@end

GameControllerクラスの初期化時に以下のコードを追加して SoundEffectのインスタンスを配列の保持しておく。

  // SE
  seArray =  autorelease];
            efView.isFinishDelete = NO;
            efView.isLoop = NO;
            [gameView addSubview:efView];
    efView.center = CGPointMake(320/2, 460/2);
    [efView setAnimeBoundsScaleFrom:0.0 To:1.0 Duration:0.5];
  }
}
Think IT会員限定特典
  • 「ゲームの仕上げ」サンプルプログラム

STUDIO SHIN

家庭用ゲームの企画開発、Mac OS / iOSアプリの開発を主な生業とする。
20年ほど前から家庭用ゲーム開発に携わりファミコンからDS、PSP、Wiiまで幅広く開発。15年前からMac OS Xアプリケーションを開発「DotShotX」「GIFQuickMaker」などを公開。iPhoneアプリ「将棋盤」「DotTouch」「Rabbit Maze」などを開発。開発アプリはアップルのApp Storeで公開中。

連載記事一覧

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内

関連記事