PR

DRの仕組みづくりと業務継続のためのソリューション

2011年6月22日(水)
尾方 一成

前回は、I/O仮想化が導入された仮想データセンターの運用を皆さんに体験していただきました。今回は第2回に引き続き、仮想I/O運用ツールを使用したリモートサイトにあるサーバーの環境構築体験に加えて、サイト間のサーバー移行とデータミラーリングのソリューションを紹介させていただきます。

リモートデータセンター内のサーバー構築

今回も1つのケースを追いながら解説していきます。ある企業Iの情報システム部では、メインのデータセンター運用に加え、災害時のバックアップとして遠隔地にあるデータセンターをDRサイトとして相互運用することが決まりました。メインのデータセンターでは、1年前から仮想化を推進し、既に約半分のシステムが仮想サーバー上で稼働しています。両センター内には仮想I/Oも導入し、サーバー・ネットワーク・ストレージ間の全てのリンクを完全冗長化しています。

この度バックアップ用のiSCSIストレージを導入し、データセンター内の全てのサーバーがこのストレージにアクセスできる環境を構築することになりました。さらにバックアップ時間短縮のため、各サーバーとは10GEで接続することにしました。

1. iSCSI ストレージの導入

ストレージとXSIGOの10GEモジュール間を光ファイバで10GE接続します。データセンター内にて必要な物理作業はこれで終了です。ここから先の作業は、全てリモートからネットワーク経由で行えます。

2. “Network Cloud”の定義

XSIGOの10GEモジュールのポートをiSCSIストレージアクセス用の“Network Cloud”に定義するための設定を行います。

図1:リモートデータセンター内構成(クリックで拡大)

(1)それでは、仮想I/O運用ツール画面に戻って、“Network Cloud”の設定を行います。左端のナビゲーションバーの3項目“Network Cloud Manager”をクリックしてください。

図2:ナビゲーションバーメニュー

“Network Cloud Summary”画面上に、現在定義済みの “Network Cloud”の一覧が表示されます。このリスト上には、各“Network Cloud”に割り当て済みの物理ポート数・LAGポートグループ数・有効最低保証帯域・vNIC数等々の情報が表示されます。

図3:ネットワーク・クラウド・サマリー(クリックで拡大)

(2)ここで、サマリー画面左上の 「+」アイコンをクリックすると、“Network Cloud”を新規作成するための画面が表示されます。“Name”に「iSCSI」と入力し、QoSには “1g_10g”を選択します。これにより、今後この 「iSCSI」Network Cloud に接続されるvNICには全て、QOS(ピークレート=10Gbps / 最低保証帯域=1Gbps)がデフォルトで設定されます。もちろん、マニュアルでvNICごとにQoS設定値を変更できます。

図4:ネットワーク・クラウド定義画面(クリックで拡大)

(3)続いて、XSIGO I/Oモジュール側の物理ポートの指定になりますが、今回は冗長化2台構成のシャーシの7スロット目に搭載している10GE I/Oモジュールになりますので、スクロールバーを再下段までスライドして、“delaware/7/1”と “oregon/7/1” の2ポートを選択してください。最後に Submitボタンを押すと、冗長化シャーシにまたがった「iSCSI」というNetwork Cloudが作成されます。再び “Topology”画面に戻ると、「iSCSI」Network Cloud が確認できます。

図5:「iSCSI」ネットワーク・クラウド(クリックで拡大)

3. 既存のサーバーにバックアップ用のiSCSIリンクを追加

第2回でvNICを追加した要領で、「iSCSI」という名のvNICを“lafayette”サーバーに作成し、「iSCSI」Network Cloudを選択すると、下記のようにサーバーとiSCSI間が10GEのリンクで接続されます。

図6:iSCSIストレージへの10GE接続完了(クリックで拡大)
シーゴシステムズ・ジャパン株式会社 代表取締役

国内システムインテグレータでの基幹システム開発エンジニアの経験を経て、その後米国通信機器ベンダーで営業・マーケティングを担当。2007年にシーゴシステムズ・ジャパンに入社し、現在に至る。Mr. I/O(Issei Ogata)として、「I/O仮想化」の普及に奔走する毎日。www.xsigo.co.jp/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています