PR

DBサーバーの負荷分散

2011年7月21日(木)
sanonosa

MySQL SLAVEサーバー側の設定方法

次はMySQL SLAVEサーバー側の設定を行います。まずはループバックIPアドレスの設定を行います。ループバックIPアドレスとは、自分自身を表す特別なIPアドレスの1つです。VIPで指定されたIPアドレスに送られたパケットが各SLAVEサーバーでも受信されるようにするためには、ループバックIPアドレスを設定しておく必要があります。

  # vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-lo:0
  DEVICE=lo:0
  IPADDR=10.0.0.250           <- VIPを入力する
  NETMASK=255.255.255.255
  # service network restart

次はループバックデバイスに割り当てられたip addressに対するarpに反応しないような設定をほどこします。この設定は重要ですので忘れずに行うようにしてください。

  # vi /etc/sysctl.conf
  # Resolving the arp problem for LVS and ldirector.
  net.ipv4.conf.eth0.arp_ignore = 1
  net.ipv4.conf.eth0.arp_announce = 2
  # sysctl -p
  # sysctl -a | grep net.ipv4.conf.eth0.arp

これで設定完了です。

動作確認

あらかじめMySQLクライアントがインストールされているWebサーバーなどから以下の手順で接続確認を行います。

  $ mysql -h 10.0.0.250 -uroot

もしくは以下の手順でコマンドラインから動作確認を行うことも可能です。

  $ telnet 10.0.0.250 3306
  Trying 10.0.0.250...
  Connected to 10.0.0.250 (10.0.0.250).
  Escape character is '^]'.
  8
  5.0.77-logg8#Jhc92,2!./$3}@dXl8lC
  ^]
  telnet> quit
  ・
  ・
  ・

国内某有名ITベンチャー企業に創業メンバーとして携わる。国内最大規模のシステムを構築運用してきたほか、社内情報システム導入のプロジェクトマネジメント、韓国の交友関係が豊富なことから韓国関連で多数のシステムインテグレーションなども行ってきた。前職は富士通株式会社でSE。
個人blog:http://nosa.cocolog-nifty.com/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています