PR

WWWサーバーのネットワーク設定

2015年3月20日(金)
大月 宇美(おおつき たかみ)できるシリーズ編集部

静的なネットワーク設定

レッスン1-9では、CentOSのインストールを最後まで行いました。この状態で、Webブラウザを起動して、インターネットとの接続が確認できれば成功です。ここでは、今回のイントラネットのネットワーク設定をまとめて行います。といっても、いくつかの設定ファイルを変更するだけです。イントラネットの設定が終了すると、Windowsクライアントから、仮想マシンにインストールしたCentOSにアクセスできるようになります。また、たとえ設定に失敗しても、ここの内容を見直すことで、ほとんどの問題は解決できるでしょう。

イーサネットの設定を確認する

CentOSを起動してサーバーのネットワーク設定を変更する。

  1. コマンドを入力。viが起動した
  2. 「dhcp」を「static」に変更
  3. この行を削除
  4. この行を削除
  5. いったん上書き保存して終了
[root@www ~]# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0⏎ (1)

DEVICE=eth0
TYPE=Ethernet
UUID=a8cc79bd-38c5-4fbc-9a9e-59b59989cbd6
ONBOOT=yes
NM_CONTROLLED=yes
BOOTPROTO=dhcp (2)
HWADDR=00:0C:29:B2:6C:46
DEFROUTE=yes
PEERDNS=yes (3)
PEERROUTES=yes (4)
IPV4_FAILURE_FATAL=yes
IPV6INIT=no
NAME="System eth0" (5)

[root@www ~]#

【注意】CentOSの設定に関する作業は、端末を起動し、rootに切り替えて作業してください。

エディタの使用について

設定手順では、エディタとしてviを使用していますが、viの操作に慣れていない方は、CentOSにrootでログインして、[アプリケーション]メニュー−[アクセサリ]−[geidtテキストエディタ]を使うとよいかもしれません。

ネットワーク設定の変更

サーバーのネットワーク設定を静的なアドレスに変更する。

  1. コマンドを入力。viが起動した
  2. 「BOOTPROTO=static」に変更されている
  3. 「IPADDR=192.168.1.254」を追加
  4. 「PREFIX=24」を追加
  5. 「GATEWAY=192.168.1.1」を追加
  6. DNS1=192.168.1.1」を追加。上書き保存して終了
[root@www ~]# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0⏎ (1)

DEVICE=eth0
TYPE=Ethernet
UUID=a8cc79bd-38c5-4fbc-9a9e-59b59989cbd6
ONBOOT=yes
NM_CONTROLLED=yes
BOOTPROTO=static (2)
HWADDR=00:0C:29:B2:6C:46
DEFROUTE=yes
IPV4_FAILURE_FATAL=yes
IPV6INIT=no
NAME="System eth0"
IPADDR=192.168.1.254 (3)
PREFIX=24 (4)
GATEWAY=192.168.1.1 (5)
DNS1=192.168.1.1 (6)

[root@www ~]#

それぞれの指定値は、前々回を参考に実際の使用環境に合わせて設定してください。

networkファイルの設定

/etc/sysconfig/networkファイルにゲートウェイとホスト名を設定する。

  1. コマンドを入力。viが起動した
  2. 「GATEWAY=192.168.1.1」を追加
  3. 上書き保存して終了
[root@www ~]# vi /etc/sysconfig/network⏎ (1)

NETWORKING=yes
HOSTNAME=www.dekiru.gr.jp
GATEWAY=192.168.1.1 (2)
NTPSERVERARGS=iburst (3)

[root@www ~]#

hostsファイルの設定

/etc/hostsファイルに、www.dekiru.gr.jpの設定を追加する。

  1. コマンドを入力。viが起動した
  2. 固定IPアドレスを追加。固定IPアドレスに対応するホスト名を入力
  3. 上書き保存して終了
[root@www ~]# vi /etc/hosts⏎ (1)

127.0.0.1   localhost localhost.localdomain
192.168.1.254   www.dekiru.gr.jp (2)
::1         localhost localhost.localdomain localhost6 localhost6.localdomain6 (3)

[root@www ~]#

Windowsクライアントのhostsファイルを修正する

サーバーへ接続するWindowsクライアントのhostsファイルに、www.dekiru.gr.jpの設定を追加する。

  1. 「C:¥Windows¥System32¥drivers¥etc¥hosts」をエディタで開く
  2. 固定IPアドレスと、対応するホスト名を入力。上書き保存して終了
# Copyright (c) 1993-2009 Microsoft Corp. (1)
#
# This is a sample HOSTS file used by Microsoft TCP/IP for Windows.
#
....省略....
#
# localhost name resolution is handled within DNS itself.
#       127.0.0.1       localhost
#       ::1             localhost
192.168.1.254   www.dekiru.gr.jp (2)

【注意】Windowのhostsファイルをメモ帳などのプログラムで編集する場合、プログラムを「管理者として実行」したうえでファイルを開く必要があります。

SELinuxの設定を変更する

CentOSサーバーでSELinuxを無効にする

  1. コマンドを入力。viが起動した
  2. 「SELINUX=disabled」に変更
  3. 上書き保存して終了
[root@www ~]# vi /etc/selinux/config⏎ (1)

# This file controls the state of SELinux on the system.
# SELINUX= can take one of these three values:
#     enforcing - SELinux security policy is enforced.
#     permissive - SELinux prints warnings instead of enforcing.
#     disabled - No SELinux policy is loaded.
SELINUX=disabled (2)
# SELINUXTYPE= can take one of these two values:
#     targeted - Targeted processes are protected,
#     mls - Multi Level Security protection.
SELINUXTYPE=targeted (3)

[root@www ~]#

CentOSを再起動する

rebootコマンドを入力して実行する。

[root@www ~]# reboot⏎

Linuxサーバーのネットワーク設定を確認する

再度CentOSにログインして、端末を起動し、suコマンドでrootに切り替えておく。hostnameコマンドでホスト名を確認する。

[root@www ~]# hostname⏎
www.dekiru.gr.jp
[root@www ~]# ifconfig⏎
eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr 00:0C:29:2F:6E:CD
          inet addr:192.168.1.254  Bcast:192.168.1.255  Mask:255.255.255.0
          inet6 addr: fe80::20c:29ff:fe2f:6ecd/64 Scope:Link
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:144 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:88 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000
          RX bytes:24343 (23.7 KiB)  TX bytes:7086 (6.9 KiB)

ifconfigコマンドでネットワークインターフェイスの状態を確認する。

[root@www ~]# ping -c 4 192.168.1.1⏎
PING 192.168.1.1 (192.168.1.1) 56(84) bytes of data.
64 bytes from 192.168.1.1: icmp_seq=1 ttl=255 time=0.567 ms
64 bytes from 192.168.1.1: icmp_seq=2 ttl=255 time=0.621 ms
64 bytes from 192.168.1.1: icmp_seq=3 ttl=255 time=0.622 ms
64 bytes from 192.168.1.1: icmp_seq=4 ttl=255 time=0.602 ms

--- 192.168.1.1 ping statistics ---
4 packets transmitted, 4 received, 0% packet loss, time 3002ms
rtt min/avg/max/mdev = 0.567/0.603/0.622/0.022 ms
[root@www ~]#

4パケットをネットワーク上のゲートウェイ(ルーター)に送る。

Windowsクライアントからのネットワーク接続を確認する

コマンドプロンプトを起動して、pingを実行。コマンドプロンプトでLinuxサーバー(www.dekiru.gr.jp)にpingを実行する。

(クリックで拡大)

4パケットを送り、応答が返ってきた。

CentOSのインストールが終わったら

以前の記事では、CentOS 6.6(最終版)をインストールしました。このリリースは、2014年10月下旬ですが、リリース後のバグフィックスなどもありますので、最新のパッケージを入手し、インストールを行っておいたほうが、セキュリティ面でも安心できます。パッケージのアップデートを行うには、以下のコマンドを実行します。

# yum install update⏎

また、CentOSに含まれているyumコマンドのリポジトリは、必ずしも最新バージョンをインストールできるわけではありません。たとえば、MySQLはyumコマンドでアップデートしても、5.1までしかインストールされませんが、2014年末のGA(General Available)リリースは、5.6になっています。最新版が常に安定していて望ましいパッケージであるとは限りませんが、MySQLに関していえば、5.6はいろいろな機能が拡張され、処理速度も5.1と比べて向上しています。最初のうちはハードルが高いかもしれませんが、慣れた頃にMySQLのバージョンアップにもチャレンジしてみてください。

詳細は、次のURLを参照してください。
http://dev.mysql.com/doc/refman/5.6/en/linux-installation-yum-repo.html

CentOSのコマンドでわからないことが出てきた場合は、manコマンドを利用しましょう。manコマンドに続けてコマンド名を入力すると、コマンドの機能や書式が調べられます。コマンド名がわからない場合でも、-kオプションを指定すると、キーワードで調べられます。

# man man⏎

man(1)                                                                  man(1)

名前
       man - オンラインマニュアルページを整形し表示する。
       manpath - ユーザー個々のマニュアルページの検索パスを決める。

書式
       man  [-adfhktwW]  [-m  system]  [-p string] [-C config_file] [-M
       path] [-P pager] [-S section_list] [section] name ...

説明
       man はオンライン・マニュアル・ページを整形し表示する。このバージ
       ョンの man コマンドでは環境変数 MANPATH と (MAN)PAGER を設定でき...
この記事のもとになった書籍
できるPRO WordPress -- Linuxユーザーのための構築&運用ガイド

大月 宇美 著/できるシリーズ編集部 著
価格:2,500円+税
発売日:2014年12月19日発売
ISBN:978-4-8443-3732-4
発行:インプレスジャパン

できるPRO WordPress -- Linuxユーザーのための構築&運用ガイド

本書では、WordPressの導入と運用について、これから始めたいと思っている方を対象に、基本から応用へ、作業や操作を少しずつ、着実に進めていけるよう解説しています。

Impress詳細ページへ

著者
大月 宇美(おおつき たかみ)

1964 年、茨城県生まれ。コンピュータ商社、出版社勤務を経て1999 年に独立。コンピュータ書籍を中心に、執筆・編集・校正などを幅広く手がける。著書に『ひと目でわかるOutlook2013』(日経BP 社)、『新標準HTML & CSS3 辞典』(インプレスジャパン)ほか。

著者
できるシリーズ編集部

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています