PR

サーバーリソースの監視

2011年7月28日(木)
sanonosa

監視項目の追加削除を行う

Muninでは、標準で用意されている監視項目が監視対象サーバーの「/usr/share/munin/plugins/」配下に多数存在しています。監視対象として追加したいものがあれば、その中から監視したい項目を選んで「/etc/munin/plugins/」配下にシンボリックリンクを張ってからmunin-nodeを再起動します。こうすることで監視対象を追加することができます。

Apacheを監視対象にする例

  # ln -s /usr/share/munin/plugins/apache_accesses /etc/munin/plugins/apache_accesses
  # ln -s /usr/share/munin/plugins/apache_processes /etc/munin/plugins/apache_processes
  # ln -s /usr/share/munin/plugins/apache_volume /etc/munin/plugins/apache_volume

ただしこのままだと各ノードのApacheが必要な情報(server-status)を吐き出してくれないので、Apacheにも設定追加を行います。

  # echo "" >> /etc/httpd/conf/httpd.conf echo "ExtendedStatus On" >> /etc/httpd/conf/
  httpd.conf
  # echo "" >> /etc/httpd/conf/httpd.conf
  # echo "SetHandler server-status" >> /etc/httpd/conf/httpd.conf
  # echo "order deny,allow" >> /etc/httpd/conf/httpd.conf
  # echo "deny from all" >> /etc/httpd/conf/httpd.conf
  # echo "allow from 127.0.0.1" >> /etc/httpd/conf/httpd.conf
  # echo "" >> /etc/httpd/conf/httpd.conf
  # sed -i 's/#LoadModule status_module modules\/mod_status.so/LoadModule status_module 
  modules\/mod_status.so/' /etc/httpd/conf/httpd.conf
  # service httpd graceful
  # service  munin-node restart

MySQLを監視対象にする例

  # ln -s /usr/share/munin/plugins/mysql_bytes /etc/munin/plugins/mysql_bytes
  # ln -s /usr/share/munin/plugins/mysql_queries /etc/munin/plugins/mysql_queries
  # ln -s /usr/share/munin/plugins/mysql_threads /etc/munin/plugins/mysql_threads
  # service  munin-node restart

逆に監視対象から外したい場合は「/etc/munin/plugins/」配下のシンボリックリンクを削除してmunin-nodeを再起動します。

sendmailとntpを監視対象から外す例

  # rm -f /etc/munin/plugins/sendmail*
  # rm -f /etc/munin/plugins/ntp*
  # service  munin-node restart

最後に

本連載では4回に亘って、VPSを複数台関連づけて利用する際に必要となる様々な実例を具体的にご紹介させていただきました。実際の現場でないとなかなか知る機会のないテーマをいろいろご紹介できたかと思っておりますが、残念ながら誌面の都合で説明不足な部分も多々あったかと存じます。その点はご了承ください。皆さまのお役に立てば幸いです。

国内某有名ITベンチャー企業に創業メンバーとして携わる。国内最大規模のシステムを構築運用してきたほか、社内情報システム導入のプロジェクトマネジメント、韓国の交友関係が豊富なことから韓国関連で多数のシステムインテグレーションなども行ってきた。前職は富士通株式会社でSE。
個人blog:http://nosa.cocolog-nifty.com/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

サーバーリソースの監視 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。