PR

バックグラウンドによるファイル転送(後編)

2011年9月12日(月)
PROJECT KySS

前編では、バックグラウンドファイル転送の状況を表示する、MainPage.xaml.vbの処理をメインに解説しました。後編では、バックグラウンドで転送されるファイルの一覧を表示する、AddBackGroundTransfer.xamlページの作成とコードをメインに解説します。

サンプルは以下よりダウンロードできます(前編と同じ)。
→ 「バックグラウンドによるファイル転送」のサンプルファイル(204KB)
※サンプル実行でエラーが発生した場合は、「ソリューションのビルド」を実行後、再度、デバッグ開始を行ってください

ソリューションエクスプローラー内の「WP71_BackgroundTransfer」を選択し、マウスの右クリックで表示されるメニューから、「追加(D)/新しい項目(W)」と選択します。「名前(N)」にAddBackGroundTransfer.xamlと指定し、[追加(A)]ボタンをクリックします(図1)。

図1:Windows Phone 縦向きページを追加する(クリックで拡大)

書き出されるXAMLコードをリスト1のように編集します。

リスト1 編集されたXAMLコード(AddBackGroundTransfer.xaml)

(1)<phone:PhoneApplicationPage.Resources>プロパティ要素内にキー名がListBoxTemplateという<DataTemplate>要素で、ListBoxコントロールに適用するテンプレートを定義します。<TextBlock>要素と<Button> 要素を1個ずつ配置します。<TextBlock>要素のTextプロパティ、<Button>要素のTagプロパティに、absoluteUriをバインドしておきます。これは、VBコードのクラス内で定義するプロパティ名です。<Button>要素の子要素として<Grid>要素を配置し、その中に<Image>要素を2個配置します。SourceプロパティにImageフォルダ内のen.pngとadd.pngを指定します。これで○の中に+のある「追加」ボタンが表示されます。ClickイベントにAddFile_Clickイベントハンドラを関連付けます。
(2)x:NameがPageTitleという<TextBlock>のTextプロパティに「Add Transfers」と指定します。
(3)<ListBox>要素のItemTemplateに(1)のテンプレートを関連付けます。
<phone:PhoneApplicationPage 
  x:Class="WP71_BackgroundTransfer.AddBackGroundTransfer"
  xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
  xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
  xmlns:phone="clr-namespace:Microsoft.Phone.Controls;assembly=Microsoft.Phone"
  xmlns:shell="clr-namespace:Microsoft.Phone.Shell;assembly=Microsoft.Phone"
  xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008"
  xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006"
  FontFamily="{StaticResource PhoneFontFamilyNormal}"
  FontSize="{StaticResource PhoneFontSizeNormal}"
  Foreground="{StaticResource PhoneForegroundBrush}"
  SupportedOrientations="Portrait" Orientation="Portrait"
  mc:Ignorable="d" d:DesignHeight="768" d:DesignWidth="480"
  shell:SystemTray.IsVisible="True">

  <phone:PhoneApplicationPage.Resources> ■(1)
    <DataTemplate x:Key="ListBoxTemplate">
      <Grid Background="Transparent" Margin="0,0,0,30">
        <Grid.ColumnDefinitions>
          <ColumnDefinition Width="350"/>
          <ColumnDefinition Width="80"/>
        </Grid.ColumnDefinitions>
        <Grid Grid.Column="0">
          <TextBlock Text="{Binding absoluteUri}" TextWrapping="Wrap" HorizontalAlignment="Left"/> ■(1)
        </Grid>
        <Grid Grid.Column="1">
          <Button Tag="{Binding absoluteUri}" Name="button1" BorderThickness="0" Click="AddFile_Click"> ■(1)
            <Grid>
              <Image Source="Image/en.png"/> ■(1)
              <Image Source="Image/add.png"/> ■(1)
            </Grid> 
          </Button> ■(1)
        </Grid> 
      </Grid>
    </DataTemplate>
  </phone:PhoneApplicationPage.Resources>
  
  <!--LayoutRoot is the root grid where all page content is placed-->
  <Grid x:Name="LayoutRoot" Background="Transparent">
    <Grid.RowDefinitions>
      <RowDefinition Height="Auto"/>
      <RowDefinition Height="*"/>
    </Grid.RowDefinitions>
 
    <!--TitlePanel contains the name of the application and page title-->
    <StackPanel x:Name="TitlePanel" Grid.Row="0" Margin="12,17,0,28">
      <TextBlock x:Name="ApplicationTitle" Text="MY APPLICATION" Style="{StaticResource PhoneTextNormalStyle}"/>
      <TextBlock x:Name="PageTitle" Text="Add Transfers" Margin="9,-7,0,0" Style="{StaticResource PhoneTextTitle1Style}"/> ■(2)
    </StackPanel>
 
    <!--ContentPanel - place additional content here-->
    <Grid x:Name="ContentPanel" Grid.Row="1" Margin="12,0,12,0">
      <ListBox Height="580" HorizontalAlignment="Left" Margin="9,20,0,0" Name="ListBox1" VerticalAlignment="Top" Width="437" ItemTemplate="{StaticResource ListBoxTemplate}"/> ■(3)
    </Grid>
  </Grid>
  ~コード略~
</phone:PhoneApplicationPage>

リスト1を設定すると図2のようになります。

図2:リスト1のコードでデザインされる画面(クリックで拡大)

四国のSOHO。薬師寺国安(VBプログラマ)と、薬師寺聖(デザイナ、エンジニア)によるコラボレーション・ユニット。1997年6月、Dynamic HTMLとDirectAnimationの普及を目的として結成。共同開発やユニット名義での執筆活動を行う。XMLおよび.NETに関する著書や連載多数。最新刊は「Silverlight実践プログラミング」両名とも、Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。http://www.PROJECTKySS.NET/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています