PR

ローカルデータベースの利用と郵便番号検索

2011年10月7日(金)
PROJECT KySS

ソリューションエクスプローラー内のMainPage.xamlを展開し、MainPage.xaml.vbをダブルクリックして、リスト2のコードを記述します。

ロジックコードを記述する

リスト2 (MainPage.xaml.vb)

Option Strict On

LINQ to SQLを利用するためSystem.Data.Linq名前空間をインポートしておきます。
Imports System.Data.Linq

System.Data.Linq.Mapping名前空間には、System.Data.Linq.Mappingを生成するために使用されるクラスが含まれています。クラス内において、ColumnAttributeや、TableAttributeクラスを、データテーブルに関連付けます。
Imports System.Data.Linq.Mapping

Partial Public Class MainPage
  Inherits PhoneApplicationPage
  ' Constructor
  Public Sub New()
    InitializeComponent()
  End Sub

namaeIDと_namaeのあるNamaeというテーブルを持つ、YourNameというデータベースを定義します。データベースにはDataContextを継承し、各Tableを持つプロパティを定義します。DataContextとは、オブジェクトのバインディング指定情報を、オブジェクトツリーの親から継承できるようにすることです。数値型のnamaeIDプロパティには、Column属性を持たせ、IsPrimaryKeyにTrueを指定し、主キーを設定します。IsDbGeneratedにTrueを指定し自動連番を有効にします。
文字列型の_namaeプロパティには、Column属性を持たせ、CanBeNullにFalseを指定して、Nullを非許可としています。
接続文字列は基底クラスに渡す形で、保存場所はIsolatedStorage内です。「isostore:/yourNameDB.sdf」と指定します。yourNameDBの部分は、どのような名前でも可能ですが、拡張子は必ず.sdfです。またisostore:/は固定です。
  Public Class YourName
    Inherits DataContext
    Public Namae As Table(Of Namae)
    Public Sub New()
      MyBase.New("isostore:/yourNameDB.sdf")
    End Sub
  End Class
  <Table()>
  Public Class Namae
    <Column(IsPrimaryKey:=True, IsDbGenerated:=True)>
    Public Property namaeID As Integer
 
    <Column(CanBeNull:=False)>
    Public Property _namae As String
  End Class

namaeIDと_namaeのあるNamaeというテーブルを持つ、新しいYourNameというデータベースのインスタンスdbを作成します
  Dim db As YourName = New YourName()

「氏名」を入力するTextBoxがフォーカスを持った時の処理

TextBoxの中を空にします。「氏名を入力」の文字が消え、新しいデータの入力が可能になります。
  Private Sub namaeTextBox_GotFocus(sender As Object, e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles namaeTextBox.GotFocus
    namaeTextBox.Text = String.Empty
  End Sub

[追加]ボタンがクリックされた時の処理

「氏名」が未入力の場合は警告メッセージを表示します。
Namaeクラスの新しいリストであるnameListを作成します。同じく、Namaeクラスの新しいリストであるreNameListを作成します。DatabaseExistsメソッドで関連するデータベースを開くことができるかどうか判別し、開けない場合は、CreateDatabaseメソッドでデータベースを作成します。新しいNamaeクラスの_namaeプロパティにnamaeTextBoxに入力された値を指定し、AddメソッドでnameListオブジェクトに追加します。InsertAllOnSubmitメソッドで、DataContext (Namaeクラス)にコレクションのすべてのエンティティ(nameListオブジェクト)を追加します。SubmitChangesメソッドでデータベースを変更します。このメソッドが実行されるまでデータベースは変更されません。
次に、Namaeクラスのコレクション内を変数resultで反復処理しながら、新しいNamaeクラスのnamaeIDプロパティにNamaeクラスのコレクション内のnamaeIDの値を、_namaeプロパティに_namaeの値を指定し、reNameListオブジェクトにAddメソッドで追加します。ListBoxのItemsSourceにreNameListオブジェクトを指定します。これで、ListBox内に連番と氏名と「ごみ箱」アイコンが表示されます。
  Private Sub addButton_Click(sender As System.Object, e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles addButton.Click
    If namaeTextBox.Text = String.Empty Then
      MessageBox.Show("データを入力してください")
      Exit Sub
    Else
      Dim nameList As New List(Of Namae)
      Dim reNameList As New List(Of Namae)
 
      If db.DatabaseExists = False Then db.CreateDatabase()
      nameList.Add(New Namae With {._namae = namaeTextBox.Text})
      db.Namae.InsertAllOnSubmit(nameList) 
      db.SubmitChanges()
 
      For Each result In From c In db.Namae Select c
        reNameList.Add(New Namae With {.namaeID = result.namaeID, ._namae = result._namae})
      Next
      ListBox1.ItemsSource = reNameList
    End If
  End Sub

「ごみ箱」アイコンがクリックされた時の処理

Button(DeleteButton)のTagプロパティにバインドしておいたnamaeIDを取得して、変数delDataに格納します。Namaeクラスの、namaeIDプロパティの値が、delDataの値と同じNamaeクラスのコレクション内を、変数resultで反復処理しながら、DeleteOnSubmitメソッドで、namaeIDが同じデータをNamaeクラスのコレクションから削除します。SubmitChangesメソッドで削除されたデータベースを変更します。
ListBoxのItemsSourceプロパティにdb.Namae.ToListを指定します。これで、ListBox内で選択したデータが削除されます。db.Namaeと指定しただけでは、うまく動作しません。ToListメソッドで明示的にリストに変換する必要があります。
  Private Sub DeleteButton_Click(sender As Object, e As EventArgs)
    Dim delData As String= DirectCast(sender, Button).Tag.ToString
      For Each result In From c In db.Namae Where c.namaeID.Equals(Integer.Parse(delData)) Select c
        db.Namae.DeleteOnSubmit(result)
      Next
      db.SubmitChanges()
      ListBox1.ItemsSource = db.Namae.ToList
  End SubEnd Class

四国のSOHO。薬師寺国安(VBプログラマ)と、薬師寺聖(デザイナ、エンジニア)によるコラボレーション・ユニット。1997年6月、Dynamic HTMLとDirectAnimationの普及を目的として結成。共同開発やユニット名義での執筆活動を行う。XMLおよび.NETに関する著書や連載多数。最新刊は「Silverlight実践プログラミング」両名とも、Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。http://www.PROJECTKySS.NET/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています