PR

Visual Basicでユニバーサルアプリに挑戦!

2014年8月6日(水)
薬師寺 国安

はじめに

米Microsoft は2014年5月12日(現地時間)、「Visual Studio 2013」の更新プログラム「Visual Studio 2013 Update 2」のRTM版を公開しました。下記のURLよりダウンロードが可能です。
参考:Microsoft Visual Studio 2013 Update 2

Update2 RC時点では、Visual Basicが「ユニバーサルアプリ」に対応しておらず、私を含むVisual Basicユーザーは、期待をもってUpdate2 RTM版のリリースを待っていました。しかし、いざRTM版がリリースされてみると、待ち望んだVisual Basicが「ユニバーサルアプリ」に対応していませんでした。

次期バージョンのVisual Studioまで、「ユニバーサルアプリ」は作成できないと思っていたところに、MicrosoftのVisual Studio teamから、Visual Basicによる「ユニバーサルアプリ」の作成方法が動画として紹介されました。

動画は下記のURLを参照してください。

動画1動画2

このUpdate2により「ユニバーサルアプリ」の作成が可能になりました。今回は、この動画を元に、Visual Basicで「ユニバーサルアプリ」に挑戦してみたいと思います。

開発環境

筆者の環境は以下の通りです。

  • Windows 8.1 Enterprize(64ビット)+Update1
  • Visual Studio Ultimate+Update2(以下VS2013)

今回のユニバーサルアプリの作成では、無料版、Visual Studio 2013 Express for Windows(以下VS2013 Express)では作成ができないようです。何故なら、VS2013 Expressでは、次の図を見るとわかるように「Visual Studioソリューション」から「空のソリューション」を作成できないからです。おそらく、Visual Studio 2013 Professional以上の開発環境が必要ではないかと思われます(図1と図2参照)。

上記の理由から、今回はVisual Basic 2013 Ultimate+Update2(以下VS2013)を使用します。

図1:Visual Studio 2013 Ultimate+Update2の画面、「空のソリューション」のテンプレートを選択できる(クリックで拡大)
図2:Visual Studio 2013 Express for Windowsの画面で、「Visual Studioソリューション」メニューがなく、「空のソリューション」のテンプレートがない(クリックで拡大)

では、早速Visual Basicで「ユニバーサルアプリ」を作成する手順を解説していきましょう。

Think IT会員限定特典
  • Visual Basicで作るユニバーサルWindowsアプリ

    『ユニバーサルWindowsアプリ開発』 第6回のサンプルプログラムです。
薬師寺国安事務所

薬師寺国安事務所代表。Visual Basic プログラミングと、マイクロソフト系の技術をテーマとした、書籍や記事の執筆を行う。
1950年生まれ。事務系のサラリーマンだった40歳から趣味でプログラミングを始め、1996年より独学でActiveXに取り組む。1997年に薬師寺聖とコラボレーション・ユニット PROJECT KySS を結成。2003年よりフリーになり、PROJECT KySS の活動に本格的に参加、.NETやRIAに関する書籍や記事を多数執筆する傍ら、受託案件のプログラミングも手掛ける。Windows Phoneアプリ開発を経て、現在はWindows ストア アプリを多数公開中

Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。Microsoft MVP for Development Platforms - Windows Phone Development(Oct 2012-Sep 2013)。Microsoft MVP for Development Platforms - Client Development(Oct 2013-Sep 2014)。Microsoft MVP for Development Platforms-Windows Platform Development (Oct 2014-Sep 2015)。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています