PR

OTRSの変更管理(後編)

2012年2月24日(金)
櫻井 耕造

変更のテンプレート保存

作成した変更をテンプレートとして保存しておくと、変更を起案する際に利用することができます。「変更」の「一覧」より、作成した変更をクリックします。「第7回 OTRSの変更管理(前篇)」の図6の画面から「テンプレート」をクリックして、以下の項目を入力します。

項目 説明
テンプレート名 テンプレート名を入力します。
コメント ※任意で入力
状態のリセット 作成した変更の状態を引き継ぎたいときは、チェックを入れてはいけません。通常はチェックを入れて、状態をリセットします。
有効 有効か無効を選択します。
表3:作業依頼書の追加項目

変更をテンプレートから起案

2回目以降の変更(RFC)の起案は、「変更」の「新規」の「変更テンプレートを選択」から実行することが可能です。

項目 説明
テンプレート * テンプレートを指定する。
設定日時のタイプ 「予定開始時刻」か「予定終了時刻」を指定します。
新規の日時 時刻を指定します。
* 必須入力
表4:変更のテンプレートから起案

変更の状態

作業依頼書を登録すると、変更のタイムチャートが表示されます(図2)。このタイムチャートでは、左側の欄のアイコンの色が作業依頼書の状態、チャートの色が作業依頼書の種別を表しています。

図2:作業依頼書のタイムチャート表示(クリックで拡大)

【作業依頼書の状態】
グレー:作業依頼書は「作成済み」の状態です。
黄色:作業依頼書は「承認の保留」の状態です。
緑色:作業依頼書は「完了」の状態です。
赤色:作業指示書は「キャンセル」の状態です。
【作業依頼書の種別】
緑色:作業依頼書
赤色;承認

作業依頼書のレポート

起案した変更は、その起案に対する「レビュー」「承認」「実施」「事後レビュー」などのステップを経て完了します。このワークフローの状態を変更するには、図2のタイムチャート上の該当する作業依頼書をクリックし、「レポート」を表示させます。

図3:作業依頼書の状態変更(クリックで拡大)

そして、レポートに表5の項目を記入していきます。この状態の変更は、事前に設定したステートマシーンに従って変更されています。

項目 説明
レポート レポート内容を入力します。
状態 状態を選択します。ここでは、ステートマシーンに登録されている状態遷移に従って、現在と次の状態のみ表示されます。
会計対象時間 かかった作業時間を入力します。
* 必須入力
表5:作業依頼書のレポート
TIS株式会社 IT基盤サービス本部 DCアウトソーシング第1部 主任

システム運用、システムインテグレーションなどを経験後、TISの先端技術センターにてOTRSのR&Dを実施。OSS保守サービス「Tritis」の事業を企画し、事業の中核であるOTRSを2011年8月にOTRS AG(ドイツ)による国内初のOTRS認定技術者となる。

連載バックナンバー

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る

他にもこの記事が読まれています