PR

ITSMパッケージのインストールとOTRSの日本語化

2011年12月8日(木)
櫻井 耕造

前回はOTRSサーバのインストールまでの手順を紹介しました。今回はITILv3に沿った運用に必要なOTRS ITSMパッケージのインストールと、OTRSの日本語化の方法について説明します。

OTRS ITSMパッケージのインストール前提

OTRSのデフォルトの状態では、サイズの大きいパッケージはインストールできません。インストールするためには、MySQLのBLOB型(画像などのバイナリを入れるカラム)を大きくする必要があります。以下は、デフォルトの1Mバイトから128Mバイトにサイズを変更する例です。

  # cd /etc
  # vi my.cnf
  [mysqld]
  max_allowed_packet = 128M //サイズを128Mに変更
  # service mysqld restart

サイズが変更されたことを確認します。

  # mysql -u root
  mysql> show variables like 'max_allowed_packet';
  +--------------------+-----------+
  | Variable_name      | Value     |
  +--------------------+-----------+
  | max_allowed_packet | 134217728 |
  +--------------------+-----------+
  1	row in set (0.00 sec) 

ITSMパッケージのリポジトリ登録

デフォルトでは、OTRS ITSMパッケージのリポジトリサーバが登録されていないので、ITSMのリポジトリサーバを登録します。

まず、OTRSにログインした状態から「管理(Admin)」→「システムコンフィグ(SysConfig)」をクリックし、左側にある操作内のドロップダウンリストから「Framework」をクリックします。

図1:OTRS ITSMパッケージのリポジトリ登録

ここでFrameworkのサブグループの「Core::Package」をクリックします。この設定項目の中にある「Package::RepositoryList」で、以下のようにしてリポジトリを登録します。

  • 鍵: http://ftp.otrs.org/pub/otrs/itsm/packages30/
  • 内容: [--OTRS::ITSM 3.0 Master--] http://ftp.otrs.org/
TIS株式会社 IT基盤サービス本部 DCアウトソーシング第1部 主任

システム運用、システムインテグレーションなどを経験後、TISの先端技術センターにてOTRSのR&Dを実施。OSS保守サービス「Tritis」の事業を企画し、事業の中核であるOTRSを2011年8月にOTRS AG(ドイツ)による国内初のOTRS認定技術者となる。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています