PR

OTRSのサービス資産・構成管理

2012年2月8日(水)
櫻井 耕造

OTRSのサービス資産&構成管理

今回は、OTRSで可能なサービス資産・構成管理について説明します。ITILv3のサービス資産&構成管理プロセスは、サービス資産管理と構成管理で構成されます。前者は購入価格や減価償却などの財務的な情報や保守ベンダーの連絡先、契約情報などを管理するプロセスのことで、後者はITサービスを構成する構成アイテムを管理するプロセスのことです。

ITILでは、提供するサービスを構成するインフラストラクチャのコンポーネントを一意に識別・定義して、構成情報を常に正確に維持できるようにコントロールすることが目的として定められています。しかし、どの構成アイテムを対象に、どのように管理するかは明確ではなく、個々の企業の方針に委ねられています。OTRSでは、次の5つの構成アイテムがデフォルトで設定されており、他の構成アイテムの管理が必要な時は追加設定が必要になります。

  • コンピュータ(Computer)
  • ハードウェア(Hardware)
  • ロケーション(Location)
  • ネットワーク(Network)
  • ソフトウェア(Software)

図1:CMDBにて管理する構成アイテム例(クリックで拡大)

新規構成アイテムの追加方法

「管理」の「一般的なカタログ」をクリックすると、図2のようなカタログクラスの一覧画面が表示されます。ここでは、構成アイテムだけでなく、ITSMに関連する他の管理プロセスのリストボックスなどの設定情報も見ることができます。デフォルトでは、設定情報が英語表記になっているため、日本語に修正したい場合は、この設定画面から構成アイテムの情報を修正します。

図2:一般カタログ管理の一覧

なお、構成管理に関する項目は以下の部分です。

  ITSM::ConfigItem::Class
  ITSM::ConfigItem::Computer::Type
  ITSM::ConfigItem::DeploymentState
  ITSM::ConfigItem::Hardware::Type
  ITSM::ConfigItem::Location::Type
  ITSM::ConfigItem::Network::Type
  ITSM::ConfigItem::Software::LicenceType
  ITSM::ConfigItem::Software::Type
  ITSM::ConfigItem::YesNo

図2の画面で「ITSM::ConfigItem::Class」をクリックし、「カタログ項目の追加」をクリックすることで、追加したい構成アイテムを作成できます。

項目 説明
カタログ・クラス * 自動的に表示されます。ここでは、「ITSM::ConfigItem::Class」が表示されます。
名前 * カタログ名を入力します。ここでは、構成アイテム名を入力します。
権限 * カタログクラスを設定、参照できるグループを指定します。
※構成アイテムを作成するときは、「itsm-configitem」を指定します。
有効 (有効)※不要になったカテゴリは無効にします。
コメント コメントで入力
* 必須入力
表1:カタログ項目の作成
TIS株式会社 IT基盤サービス本部 DCアウトソーシング第1部 主任

システム運用、システムインテグレーションなどを経験後、TISの先端技術センターにてOTRSのR&Dを実施。OSS保守サービス「Tritis」の事業を企画し、事業の中核であるOTRSを2011年8月にOTRS AG(ドイツ)による国内初のOTRS認定技術者となる。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています