PR

プログラマとテストエンジニアにバトル勃発!正しいバグ票の書き方とは?

2012年7月11日(水)
森崎 修司

バグレポートに関する問題はどこでも起きている

本記事は、バグの修正依頼として作成されるバグ票(バグレポート)を対象としています。プログラマが自身でデバッグを一通り終えた後で、テストを専門とするテストエンジニアにそのプログラムをテストしてもらい、その際に検出されたバグを報告してもらうための文書がバグレポートです。独立した部門でテストを実施している会社では、このような形態とバグレポートによる修正依頼が一般的だと思います。

本連載は、テストエンジニア向けに、バグ修正のプロセスにおいて非常に重要でありながら、あまり注目されていないバグレポートのあるべき姿をさぐってみたいと思います。

早速ですが、プログラマとテストエンジニアの間でこのようなやりとりがあるのを見たことはありませんか?

テストエンジニアとプログラマの間でこんなやりとりが起こっていませんか?

開発進捗会議にて

プロジェクトリーダ:
Aさん、そろそろデバッグが終わって単体テストもそろそろという状況なんじゃない?会員登録部はテスト部隊にもいろいろ試してもらって残っているバグを出してもらおう。

プログラマA:
はい。確かに。自分では一通り終えたつもりです。

テストエンジニアによるテストの最中・・

テストエンジニアB:
(なんだよ。まだまだバグだらけじゃないか・・・。ユーザがそこまで気を使って操作してくれると思ってるのかよ・・。仕様書に詳細がなくても、これくらいの入力ミスへのエラーメッセージくらい用意しとけよ。「住所は半角ではなく、全角で入力してください」だと?半角だとわかってるなら入力し直させるんじゃなくて、そっちで全角に変換しろよな。電話番号の欄が9, 10, 11桁を許してるけど、市外局番を含めて9桁の番号なんて、もうなくなったんだよ。いつの情報を使ってるんだ・・。)

テストリーダC:
Bさん、今週金曜日にはいったん開発チームに見つかったバグをリストにして返すつもりなんだ。見つかったもの順でかまわないからバグレポートを作成してリストにしてくれない?

テストエンジニアB:
はい。わかりました。

テストエンジニアB:
(えっと、まずはこの全角、半角を判別できているのに、ユーザに全角での再入力を強制する融通の利かない部分から起票しよう。)

Bさんは以下のようなバグレポートを起票し、開発チームへ報告しました。

図1:Bさんの作成したバグレポート(クリックで拡大)

このバグレポートを見たプログラマAさんは・・・

プログラマA:
なんだよこのタイトルは!バグの報告じゃなくて、感想じゃないか。ユーザに入力し直してもらうのは、発注者が指定したフレームワークの機能を使っているからで、好きでやってるんじゃない。そんなこともわからずにテストしているのか。それにこれはバグじゃない。

プログラマAさんは原因と対処方法に以下のように書きました。

図2:Bさんのレポートに対してAさんが記入した原因と対処方法(クリックで拡大)

テストエンジニアBさんは原因と対処方法を見て、怒り心頭、その返信に大きく時間を費やし、やりとりはしばらく続きました。

バグレポートはもともと危うい

プログラマにとっては、様々な制約のもとで苦労して書いたプログラムです。それをテストエンジニアに否定されるのは必ずしも気持ちのよいものではありません。文字中心の情報になりますので、感じたことをそのまま書くと、本来意図している内容が伝わらなくなる場合も少なくありません。このようなやりとりをBug ping pong(バグレポートがピンポン球のように行き交い続ける様子)と表現し、問題点を指摘するWebページもあります。日本だけで起こっている問題ではなく海外でも起こっています。

では、このようなやりとりの問題点はどこにあるのでしょうか。次のページで見てみましょう。

静岡大学

2001年、奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 博士後期課程修了。情報通信企業において、サービス開発やシステムインテグレーションに従事し、企画、設計、実装、開発管理、品質向上を実践する。奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 助教などを経て、2011年4月より現職。不具合情報の分析、ソフトウエアレビュー、ソフトウェア計測、実証的ソフトウエア工学を研究の柱としている。
研究グループのWeb:http://ese.inf.shizuoka.ac.jp

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています