PR

Unityちゃんを動かしてみる

2014年11月6日(木)
薬師寺 国安

今回から3回にわたって、Unityちゃんを使ったサンプルを作ってみましょう。Unityちゃんは「Asset Store」からダウンロードできます。まずはプロジェクトの作成からです。

プロジェクトの作成

Unityメニューの[File]ー[New Project]と選択して「Unity-Project Wizard」画面を表示します。「Project Location」の「Project名」に「FirstUnityChanSample」と指定して、「Create」ボタンをクリックします。

次に「Asset Store」から「Unityちゃん」をダウンロードします。

Asset StoreからUnityちゃんをダウンロードする。

Unityメニューから[Window]ー[Asset Store]と選択します。右上隅の「カテゴリ」を選択する欄で「3D Models」を選択します。すると「”Unity-chan!” model」が表示されますので、これをクリックします。図1は、「“Unity-chan!” model」の「Import」画面です。

図1:「“Unity-chan!” model」の「Import」画面(クリックで拡大)

図1の「Import」をクリックすると「Importing package」画面が表示されますので、また「Import」をクリックします(図2)。

図2:「Import」をクリックする

ダウンロードが済むと「Project」内の「Assets」フォルダーに「Unitychan」のフォルダーが作成されています(図3)。

図3:追加されたUnitychanフォルダー

「Asset Store」を開いているついでに、今回のサンプルで使用するものを全てインポートしておきましょう。

Mecanim Locomotion Starter Kitをダウンロードする

「Asset Store」の検索欄に「Mecanim Locomotion Starter Kit」と入力してください。すると先頭に、「Mecanim Locomotion Starter Kit」が表示されますので、これをクリックします。「Mecanim Locomotion Starter Kit」の「Import」画面が表示されたら「Import」をクリックします(図4)。

図4:「Import」をクリックする(クリックで拡大)

「Importing package」の画面が表示されますので、「Import」をクリックします(図5)。

図5:「Import」をクリックする

ダウンロード後、「Project」内の「Assets」フォルダーに「Locomotion Setup」のフォルダーが作成されているのが確認できます(図6)。

図6:「Locomotion Setup」のフォルダーが作成された

Raw Mocap data for Mecanimをダウンロードする

「Asset Store」の検索欄に「Raw Mocap data for Mecanim」と入力してください。すると先頭に、「Raw Mocap data for Mecanim」が表示されますので、これをクリックします。「Import」画面が表示されたら「Import」をクリックします(図7)。

図7:「Import」をクリックする(クリックで拡大)

これまでと同じように「Importing package」の画面が出たら、「Import」をクリックします(図8)。

図8:「Import」をクリックする

ダウンロード完了後には、「Project」内の先ほど作られた「Locomotion Setup」フォルダー以下に「Raw Mocap Data」のフォルダーが作成されています(図9)。

図9:「Raw Mocap Data」のフォルダーが作成された

これで、今回のサンプル作りに必要なファイルは全てインポートできました。
「Mecanim(メカニム)」という名前の付いたファイルは、キャラクターにリアルな動きを付けるためのアニメーションシステム用のものです。この機能はUnity4から導入されました。

薬師寺国安事務所

薬師寺国安事務所代表。Visual Basic プログラミングと、マイクロソフト系の技術をテーマとした、書籍や記事の執筆を行う。
1950年生まれ。事務系のサラリーマンだった40歳から趣味でプログラミングを始め、1996年より独学でActiveXに取り組む。1997年に薬師寺聖とコラボレーション・ユニット PROJECT KySS を結成。2003年よりフリーになり、PROJECT KySS の活動に本格的に参加、.NETやRIAに関する書籍や記事を多数執筆する傍ら、受託案件のプログラミングも手掛ける。Windows Phoneアプリ開発を経て、現在はWindows ストア アプリを多数公開中

Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。Microsoft MVP for Development Platforms - Windows Phone Development(Oct 2012-Sep 2013)。Microsoft MVP for Development Platforms - Client Development(Oct 2013-Sep 2014)。Microsoft MVP for Development Platforms-Windows Platform Development (Oct 2014-Sep 2015)。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています