PR
連載 :
  エンジニアtype

『江南スタイル』のヒットから、グリーやDeNAが世界展開で越えるべき「壁」を考える

2012年11月14日(水)
『エンジニアtype』編集部
中島聡の「端境期を生きる技術屋たちへ」

UIEvolution Founder
中島 聡

Windows95/98、Internet Explorer 3.0/4.0のチーフアーキテクトを務めたエンジニア。NTTに就職した後、マイクロソフト日本法人(現・日本マイクロソフト)に移り、1989年、米マイクロソフトへ。2000年に退社後、UIEを設立。経営者兼開発者として『CloudReaders』や『neu.Notes+』、教育アプリ『neu.Tutor』といったiOSアプリを開発する。シアトル在住。個人ブログはコチラ

9月にわたしのブログエントリ「Gangnam Style と韓国のコンテンツ戦略」で取り上げたPSYの『江南(カンナム)スタイル』が、日本でもかなり話題になったようですね。

アメリカでは、もう本当にセンセーショナルな流行り方をしました。スティーブ・ジョブズの命日だった10月5日には、シアトルのAppleストアに集まったジョブズ・ファンが、なぜかあの“乗馬ダンス”をみんなで踊るという珍現象が起きたくらいです。

韓国の一アーティストが世界各国で売れた理由を、日本では「人を雇ってYouTubeの視聴回数を増やしたから」とする言説があると聞きましたが、本当の理由はそこではありません。

PSYの世界展開はジャスティン・ビーバーのマネジャーが仕掛けていて、アメリカでは9月のある一週間、全米の主要メディアにPSYが出ずっぱりだったんですね。それで一気にアメリカ中で知れ渡り、世界にも広まったというカラクリです。

さて、なぜ今回『江南スタイル』の話から書き始めたかというと、PSYがヒットした理由を分析したいからではありません。『江南スタイル』のように世界中でヒットさせるコンテンツ戦略が、どうして日本から出てこないのかを考えたかったからです。

日本には、アニメやゲームのように世界中で愛されているコンテンツがたくさんあります。例えば『DRAGON BALL』なんかは、ものすごい知名度です。でも、企業として、戦略的に世界一の地位を築いたコンテンツメーカーは皆無ですよね。

最近はグリーやDeNAのようなソーシャルゲーム会社が北米に進出し、こちらのメディアで話題になることも増えています。とはいえ、ここから実際にシェアを伸ばして世界トップの企業になるには、「第一世代」が乗り越えられなかった壁を越えなければなりません。

インデックスやサイバードが企業買収による北米進出に失敗した理由

ここで言う「第一世代」とは、インデックスやサイバードのような、iモードビジネスの勝者たちです。彼らは1990年代に携帯向けコンテンツで成功し、2000年代前半に世界展開を始めました。

その時に多く採られた戦略が、アメリカやヨーロッパの同業他社を買収しながら、マーケット拡大を狙うというもの。グリーはOpenFeintFunzioを、DeNAもngmocoを買収しながら北米拠点を強化してきたので、ここまでは似たような道をたどっていると言えます。

しかし、第一世代の会社たちは世界一になれず、今は日本国内でも地味な存在になってしまいました。

なぜか。最大の理由は、世界展開における「企業買収のその後」をよく理解していなかったからだと思います。

アメリカに限定して言うなら、こちらの起業家たちが目指しているのは、ほとんどがバイアウトか株式上場なんですね。夢や大志を抱いて事業を続ける起業家もいますが、大多数はこれがゴール。だから、馬車馬のように働いてバイアウトかIPOができたら、そこで終わりなんです。

そんな状態の人たちに、日本から来たカントリーマネジャーが「一緒に天下を取ろう」と語りかけたところで、うまくいかないのは当然でしょう。これが、企業買収による世界展開の最初の壁です。

「じゃあ高い給料やインセンティブでつなぎ止めれば良いだろう」と思う人もいるでしょうが、買収後にはもう一つ、別の壁が待っています。

(次ページに続く)>>続きはエンジニアtypeへ

関連リンク

著者
『エンジニアtype』編集部

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

『江南スタイル』のヒットから、グリーやDeNAが世界展開で越えるべき「壁」を考える | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。