PR

WordPress コース 2nd Stage を攻略しよう(Linux 仮想マシン編)

2014年5月16日(金)
鈴木 せいじ

次に仮想マシンの構成をしていきます。

仮想マシン名 仮想マシンの名前 短くてわかりやすい物
階層 「基本」を選択します ※
サイズ 「A1」を選択
新しいユーザー名 デフォルトでは「azureuser」ですが、変更をおすすめします!
パスワードの指定 今回は「SSHキー」がないので、パスワードを指定します!

※ 仮想マシンの「階層」ですが、「基本」が機能が制限されていて少し安価に設定されています。自分の構成をお好みで選択してください。
詳細は以下の記事が参考になります。

パスワードには以下の制約があります。

パスワードは 8 文字以上である必要があります
かつ
パスワードには、次のうち 3 種類の文字を含める必要があります:
  • 小文字
  • 大文字
  • 数字
  • 記号

設定が完了したら、右下の矢印を選択します。

(クリックで拡大)

さらに構成が続きます。

クラウド サービス 「新しいクラウド サービスの作成」を選択
クラウドサービスDNS名 「好きなDNS名」.cloudapp.net
リージョン 「日本(東)or(西)」
ストレージアカウント 「自動的に生成されたストレージアカウントを使用」
可用性セット 「可用性セットの作成」
可用性セット名 「好きな名前」
エンドポイント 「SSH」が自動で選ばれていますので、そのまま

設定が完了したら、右下の矢印を選択します。

(クリックで拡大)

「VMエージェント」はチェックのまま、右下のチェックを選択します。

(クリックで拡大)

すると、先ほどの構成で「Linux仮想マシン」が作成されます。

(クリックで拡大)

エンドポイント

Microsoft Azureが標準で備えているファイアーウォールの設定です。

アクセスしたいポートを変える場合は、「パブリックポート」の番号を変更すれば、そのポート番号でアクセス可能です。

また、他のプロトコルを追加することも可能です。設定は後から追加変更出来ます!

OSの更新

Microsoft Azure 管理ポータル」から、「DNS名」をコピーしてきて、SSHで接続してみます。

(クリックで拡大)

TeraTermの「ホスト」先ほどコピーしたDNS名を入れて「OK」

すると、セキュリティ警告が出ます。
ダッシュボードの「SSH 証明書のサムプリント」と同じであることを確認して、「続行」します。

次に、先ほど「仮想マシンの構成」で設定した「ユーザ名」、「パスワード」を入力して「OK」で接続します。

まず、最初にLinuxOS自体の「アップデート」を行ってください。

sudo yum update -y

この時、パスワードが求められます。
ここでは、「仮想マシンの構成」で設定した「パスワード」を入力します。

We trust you have received the usual lecture from the local System
Administrator. It usually boils down to these three things:
    #1) Respect the privacy of others.
    #2) Think before you type.
    #3) With great power comes great responsibility.
[sudo] password for unagiuser:

一度再起動します。

sudo /sbin/shutdown -r now

MacでLinuxに接続する方法

MacOSXには標準でsshクライアントがありますので、そちらを利用して接続します。

「アプリケーション」→「ユーティリティ」から「ターミナル」を立ち上げます。

(クリックで拡大)

Microsoft Azure 管理ポータル」から、「DNS名」をコピーしてきて、SSHで接続してみます。

(クリックで拡大)
ssh 先ほど設定した[新しいユーザー名]@先ほど設定した[DNS名]

例としてこのようになります。
質問には「yes」で回答して、以下のように表示が変われば接続完了です。

ssh motounagiya@tuningmaniaxwq.cloudapp.net
(クリックで拡大)

Windowsと同様にOSの更新を行ってください。

「元うなぎ屋」
うなぎ屋など、飲食店勤務を経て IT業界へ。受託開発会社でインフラを担当。その後、派遣で勤務するも派遣切りに2度遭う。インストールマニアックスに出会い転職成功。現在はWeb広告を扱う企業で情報システム部門のインフラを担当
 
マニアックスをこよなく愛する、ひとりです。
マニアックスで出会った人脈は「宝物」だと思っている。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています