PR

Phalconを使う前に知っておきたい、各機能とインストール方法

2014年5月30日(金)
廣瀬 一海

はじめに

PHPは最も使われているサーバーサイドスクリプト言語の一つですが、スマートフォンアプリ開発の現場などにおいても、サーバーサイド言語にPHP5.5とPHPフレームワークのPhalconを使った製品開発に使用されています。
今回は実際に開発で今まで得られた経験なども交えつつ、Phalconを使った具体的な開発についてご紹介します。

対象となる読者

  • PHPの一般的な知識をお持ちの方
  • CakePHPなど、他のPHPフレームワークを用いた開発の経験をお持ちの方

フレームワークを使うメリット

今回ご紹介するPhalconをはじめとして、PHP開発ではフレームワークを用いた開発をよく見かけます。
もちろん、PHPのみでコーディングを進めることもできますが、開発フレームワークを導入する利点としては

チーム開発が楽になる
MVC分離やコントローラー単位などチーム開発を行う上で分業しやすくなる
予め用意されたコードにより生産性が向上する
フレームワークではデータベースアクセスやセッション管理など、「Webアプリケーション」に共通して必要となる機能が大抵の場合既に準備されています、フレームワークを用いてこれらの機能を毎回実装する必要が無くなります。
拡張、変更に対応しやすくなる
各ライブラリの管理や拡張方法は、フレームワーク毎に方法が準備されているケースが大抵で、拡張、変更を一貫したルールで行えます。

これらのメリットから、ある一定の規模を超える「Webアプリケーション」の開発であれば、フレームワークを使った開発はとても便利で有用です。

Phalconとは

Phalconは、PHP5.3以降向けに開発されているオープンソース(New BSD License)のWebアプリケーションフレームワークです。プラットフォームはWindows/Mac/LinuxのPHPに対応しています。

開発サイトにも「The fastest PHP Framework」と銘打つ程の省メモリ、高速動作が特徴の一つです。
一般的なフレームワークで用意される大抵の機能をPhalconは実装しています。

Phalconのサイト画面

Phalconフレームワークのアプローチ

通常、PHP言語のフレームワークはPHPで記述されていることがほとんどですが、PhalconはPHPエクステンションとしてC言語で実装しています。
結果を鵜呑みにはできませんが、ドキュメントに記載されているベンチマークでは、RequestからResponseまでの速度に定評のあるCodeigniterの1.5倍から2倍程度の結果を出しており、メモリ使用量に関しても30%程度メモリ消費が少ないことが分かります。
サーバー1台あたりの性能は、高トラフィックが発生するソーシャルゲームやスマートフォン向けネイティブアプリのREST APIにはとても重要な要素でもあります。

Framework Benchmarks(クリックで拡大)

反面、フレームワークがPHPエクステンションとして実装されていることから、フレームワークそのものに由来するバグなどの修正はC言語で行うケースも考えられますし、その際はWebサーバーに再度PHP拡張をインストールする点がデメリットといえるでしょう。

アイレット株式会社 cloudpack事業部 シニアソリューションアーキテクト

生業はインフラエンジニア。小規模から大規模なまで日々様々なインフラを構成しています。好きなクラウドはMicrosoft Azure、日頃の業務はAmazon Web Services、という感じにクラウド漬けの毎日を過ごしています。​
仕事の傍ら、勉強会やコミュニティ(日本Azureユーザー会)コアメンバとして活動しています、マイクロソフトのオープンソース戦略にとても共感し、Microsoft MVPとして情報発信や交流を行っています。
Microsoft MVP Microsoft Azure

cloudpack公式サイト:http://cloudpack.jp

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています