PR

Phalconに触れながらMVCプロジェクトの構成と構造を理解しよう

2014年8月8日(金)
廣瀬 一海

はじめに

前回はMVCプロジェクトの生成とWebToolsを使い、簡単なHelloWorldの表示を行いました。
今回はMVCプロジェクト構造を把握し、本格的なアプリケーションの為の理解を掘り下げていきます。

対象となる読者

  • PHPの一般的な知識をお持ちの方
  • CakePHPなど、他のPHPフレームワークを用いた開発の経験をお持ちの方

MVCプロジェクトの構成と構造

Phalconは自由度が高く、特にフォルダ構造などには規約はありませんが、参考として今回は生成されたフォルダ構造に触れながら、Phalconの設計に慣れましょう。
生成されたPhalconプロジェクト構造について簡単に解説します。

app

Phalconの開発を進める上でのアプリケーションを格納するフォルダです。

app/cache

Phalconで使われるテンプレートエンジンである、voltのコンパイル済みキャッシュが配置されます。
voltはtwigやjinjaに記述が似ているコンパイル型テンプレートエンジンです。
コンパイル時にPHPを生成しますが、この生成ファイルをcacheフォルダに保存しています。
他には、WebAPIなどから取得した結果を、一定時間ファイルシステムにキャッシュしたい場合などにも使えるでしょう。

app/config

プロジェクト全体で使う、設定ファイルを配置するフォルダです。
config.php(URL起点やDBへの接続設定など)や、services.php(Dependency Injectionコンテナ設定)などアプリケーション全体に影響がある設定をここに配置します。

app/controllers

コントローラークラスを格納するフォルダです、\Phalcon\Mvc\Controllerを継承した、コントローラークラスを格納します。

app/models

モデルクラスを格納するフォルダです。
ORMapper機能やDBクエリなどを使う場合には、\Phalcon\Mvc\Modelを継承する必要があります。
DBアクセスに限らず、WebAPIにPOSTする際に利用する構造データモデルなども、このフォルダとなるでしょう。
モデルはオプション扱いで、使わないで開発することも、もちろん可能です。

app/views

Phalconで使われるテンプレートエンジンである、voltテンプレートなど、ビューファイルを格納するフォルダです。
voltを推奨していますが、Smartyやphtml(HTMLにPHPを直接記述)する方法など柔軟に対応しています。
デフォルトでは、コントローラー名と同じフォルダを用意してテンプレートの配置を行います。

public

Webサーバのドキュメントルートとなるフォルダです。
Phalconはフロントコントローラー型のフレームワークで、index.phpにリクエストをパラメーターとして渡すことによって、指定された各コントローラークラスを呼び出しています。
Apache・nginx mod_rewrite / IIS URL rewriteなどのURL書き換えモジュールを使うことで、クエリ文字列の無いURLに変換できます。
画像やCSS・JSなどはpublic配下に設置し、ビューから参照を行います。

webtools関連ファイル

publicフォルダ配下には、webtoolsに関連したファイルが存在します。
このフォルダ以下にある、css/files/img/js/tempフォルダは、webtools.phpの画面表示用に利用されています。不要であれば、後にwebtools.php/webtools-config.phpと一緒に削除できます。

アイレット株式会社 cloudpack事業部 シニアソリューションアーキテクト

生業はインフラエンジニア。小規模から大規模なまで日々様々なインフラを構成しています。好きなクラウドはMicrosoft Azure、日頃の業務はAmazon Web Services、という感じにクラウド漬けの毎日を過ごしています。​
仕事の傍ら、勉強会やコミュニティ(日本Azureユーザー会)コアメンバとして活動しています、マイクロソフトのオープンソース戦略にとても共感し、Microsoft MVPとして情報発信や交流を行っています。
Microsoft MVP Microsoft Azure

cloudpack公式サイト:http://cloudpack.jp

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています