PR

UIFontDescriptorの属性キー12種の詳細

2014年9月9日(火)
西方 夏子(にしかた・なつこ)
UIKit徹底解説 iOSユーザーインターフェイスの開発
iPhone/iPadアプリのUI開発テクニックを完全網羅!Amazon詳細ページへ

この記事は、書籍『UIKit徹底解説 iOSユーザーインターフェイスの開発』の内容を、Think IT向けに特別公開しているものです。

今回は、UIFontDescriptorの属性キーとその値を説明します。なお、UIFontDescriptorによるフォントの生成方法は、前回記事で解説しています。

UIFontDescriptorFamilyAttribute

ファミリ名を示すNSStringオブジェクトです。ディスクリプタの生成例は、前回記事のソースコード3を参考にしてください。

UIFontDescriptorNameAttribute

フォント名を示すNSStringオブジェクトです。ディスクリプタの生成例は下記の通りです。使用するフォント名は、正確なポストスクリプト名である必要があります。

[ソースコード8] フォント名を指定してディスクリプタを生成

UIFontDescriptor *helveticaCondensedBold =
[UIFontDescriptor fontDescriptorWithFontAttributes:
    @{UIFontDescriptorNameAttribute: @"HelveticaNeue-CondensedBold"}];

UIFontDescriptorFaceAttribute

フォントフェイスを示すNSStringオブジェクトです。例えば、ソースコード8で生成したhelveticaCondensedBoldのフォントフェイスは、“Condensed Bold”となります。
objectForKey:メソッドのキーにUIFontDescriptorFaceAttributeを指定すると、フォントフェイスを取得できます(ソースコード9)。

[ソースコード9] フォントフェイスの取得

NSString *fontFace =
[helveticaNeueCondensedBold objectForKey:UIFontDescriptorFaceAttribute];
NSLog(@"%@", fontFace);

// ログ表示結果
// Condensed Bold

UIFontDescriptorSizeAttribute

フォントサイズを示すNSNumberオブジェクトです。例えば、フォントサイズ24.0ポイントのHelvetica Neueフォントは以下のように生成します。
なお、下記コードは、fontDescriptorWithName:size:メソッドで代替することも可能です。

[ソースコード10] フォントサイズを指定してディスクリプタを生成

UIFontDescriptor *helveticaNeue24 =
[UIFontDescriptor fontDescriptorWithFontAttributes:
    @{UIFontDescriptorNameAttribute: @"HelveticaNeue",
      UIFontDescriptorSizeAttribute: @24.0}];

UIFontDescriptorVisibleNameAttribute

フォントの表示名を示すNSStringオブジェクトです。例えば、ソースコード8で生成したhelveticaCondensedBoldの表示名は「Helvetica Neue Condensed Bold」ですが、ポストスクリプト名は「HelveticaNeue-CondensedBold」です。
両者は、下記のコードで取得できます。

[ソースコード11] 表示名とポストスクリプト名の取得

NSString *visibleName = 
[helveticaNeueCondensedBold objectForKey:UIFontDescriptorVisibleNameAttribute];
NSString *psName = helveticaNeueCondensedBold.postscriptName;

NSLog(@"%@-%@", visibleName, psName);

// ログ表示結果
// Helvetica Neue Condensed Bold-HelveticaNeue-CondensedBold

UIFontDescriptorMatrixAttribute

適用すべき変換行列(CGAffineTransform)を示すNSValueオブジェクトです。
例えば、前述のソースコード8で生成したhelveticaCondensedBoldに対して、スケール変換を施すには、以下のように記述します。

[ソースコード12] アフィン変換を適用

CGAffineTransform transform = CGAffineTransformMakeScale(1.0, 2.0);
UIFontDescriptor *scaledHelvetica =
[helveticaNeueCondensedBold fontDescriptorByAddingAttributes:
  @{UIFontDescriptorMatrixAttribute: [NSValue valueWithCGAffineTransform:transform]}];

CGAffineTransformをそのままNSDictionaryの値として受け渡しすることはできないので、NSValueでカプセル化する必要があることに注意してください。
上記で生成したディスクリプタを利用したテキスト表示の結果が、図1です。

図1: helveticaNeueCondensedBoldによる表示(上)とscaledHelveticaによる表示(下)

UIFontDescriptorCharacterSetAttribute

対応するフォントが持つすべてユニコードセットを示すNSCharacterSetオブジェクトです。

UIFontDescriptorCascadeListAttribute

フォントディスクリプタを要素として持つNSArrayオブジェクトです。元のディスクリプタだけでは表現できない文字がある場合は、このリストにあるディスクリプタを使用します。
例えば、Helvetica Familyのフォントを利用して日本語を表示すると、デフォルトでシステムフォントが使用されます。これを避け、日本語は「ヒラギノ明朝」で表示されるように設定するには、次のようにカスケードリストを追加します。

[ソースコード13] 日本語用にカスケードリストを追加する

// ヒラギノ明朝を示すディスクリプタ
UIFontDescriptor *hiramin =
[UIFontDescriptor fontDescriptorWithFontAttributes:
    @{UIFontDescriptorNameAttribute: @"HiraMinProN-W3"}];

// カスケードリストとしてヒラギノ明朝を示すディスクリプタを追加
UIFontDescriptor *helveticaHiramin =
[helveticaNeueCondensedBold fontDescriptorByAddingAttributes:
    @{UIFontDescriptorCascadeListAttribute: @[hiramin]}];

上記のカスケードリストを持つディスクリプタを用いると、日本語の表示に「ヒラギノ明朝」が使用されます(図2)。

図2: helveticaNeueCondensedBoldによる表示(上)とhelveticaHiraminによる表示(下)

著者
西方 夏子(にしかた・なつこ)

ソフトウェアエンジニア。大手電機メーカーにおける組込みソフトウェアの開発を経て、現在は個人でiOS向けのアプリケーションを開発している。代表作であるローン計算アプリ「iLoan Calc」は、個人の方のみならず、多くの不動産業、金融業の方からも愛用されている。『iPhoneアプリ開発エキスパートガイド iOS6対応』(共著・インプレスジャパン刊)、『上を目指すプログラマーのためのiPhoneアプリ開発テクニック iOS 7編』(共著・インプレスジャパン刊)などの執筆にも携わり、現在は執筆業を中心にアプリ開発と育児を両立中。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています