PR

属性付きテキストによるテキストの装飾(後編)

2014年9月30日(火)
西方 夏子(にしかた・なつこ)
UIKit徹底解説 iOSユーザーインターフェイスの開発
iPhone/iPadアプリのUI開発テクニックを完全網羅!Amazon詳細ページへ

この記事は、書籍『UIKit徹底解説 iOSユーザーインターフェイスの開発』の内容を、Think IT向けに特別公開しているものです。

前回に続き、属性付きテキストに使用できる属性について解説していきます。

NSShadowAttributeName

テキストに付加するシャドウを示すNSShadowオブジェクトです。

NSTextEffectAttributeName(iOS 7以降)

テキストエフェクトを示すNSStringオブジェクトです。
現在、エフェクトの種類としてはNSTextEffectLetterpressStyleのみ使用可能です*3

*3 iOS 7対応のデバイスで、iPhone 4以外で使用可能です。

[ソースコード29] レタープレス効果を適用したテキストを生成

NSAttributedString *letterpressText =
[[NSAttributedString alloc] initWithString:@"Letterpress"
              attributes:@{NSTextEffectAttributeName: NSTextEffectLetterpressStyle}];

上記の例で生成したテキストを表示した結果が下図です(図10)。

図10: 効果なしテキスト(上)とレタープレス効果を適用したテキスト(下)

NSLinkAttributeName(iOS 7以降)

テキスト内にリンクを埋め込むためのNSURLオブジェクトまたはNSStringオブジェクトです。詳細は「データや画像の検出と埋め込み」(次回公開)で解説します。

NSAttachmentAttributeName(iOS 7以降)

テキスト内に画像等を埋め込むためのNSTextAttachmentオブジェクトです。
詳細は「データや画像の検出と埋め込み」(次回公開)で解説します。

NSBaselineOffsetAttributeName(iOS 7以降)

ベースラインを指定するためのNSNumber(float)オブジェクトです。

NSObliquenessAttributeName(iOS 7以降)

グリフの傾斜を示すNSNumber(float)オブジェクトです。

NSExpansionAttributeName(iOS 7以降)

グリフの縦横比を示すNSNumber(float)オブジェクトです。
値は比率の対数で示され、0で変化なし、正の値を指定すると平体、負の値を指定すると長体となります。NSExpansionAttributeNameの値を変化させた際の表示結果を示します(図11)

図11: NSExpansionAttributeName属性の指定(上から順に0.3、0.17、0、-0.17、-0.3)

著者
西方 夏子(にしかた・なつこ)

ソフトウェアエンジニア。大手電機メーカーにおける組込みソフトウェアの開発を経て、現在は個人でiOS向けのアプリケーションを開発している。代表作であるローン計算アプリ「iLoan Calc」は、個人の方のみならず、多くの不動産業、金融業の方からも愛用されている。『iPhoneアプリ開発エキスパートガイド iOS6対応』(共著・インプレスジャパン刊)、『上を目指すプログラマーのためのiPhoneアプリ開発テクニック iOS 7編』(共著・インプレスジャパン刊)などの執筆にも携わり、現在は執筆業を中心にアプリ開発と育児を両立中。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています