PR

Text Kitによるテキストレイアウト(後編)

2014年10月21日(火)
西方 夏子(にしかた・なつこ)
UIKit徹底解説 iOSユーザーインターフェイスの開発
iPhone/iPadアプリのUI開発テクニックを完全網羅!Amazon詳細ページへ

この記事は、書籍『UIKit徹底解説 iOSユーザーインターフェイスの開発』の内容を、Think IT向けに特別公開しているものです。

ページング、マルチカラム表示

1つのテキストストレージに対して複数のテキストコンテナを結び付けることで、テキストを各コンテナに分割して表示することができます。
テキストコンテナの数は、テキストコンテンツの長さとテキストコンテナのサイズを元に計算され、必要な分だけ生成されたテキストコンテナが、すべてレイアウトマネージャに追加されます。本項では、複数のテキストコンテナによるページングやマルチカラム表示の方法を解説します。

例として、モデルオブジェクトとなるTextModelクラスで、テキストストレージとテキストコンテナ、そしてレイアウトマネージャの生成・管理を考えます。
まずは、テキストストレージ、レイアウトマネージャ、そしてテキストコンテナのサイズとページ数を示すプロパティを用意します。なお、コンテナサイズcontainerSizeとページ数numOfPagesはreadonlyプロパティとして、コンテナサイズを指定して初期化するinitWithContainerSize:も用意します。

[ソースコード43] プロパティ宣言

@interface TextModel : NSObject
@property (nonatomic) NSTextStorage *textStorage;
@property (nonatomic) NSLayoutManager *layoutManager;
@property (nonatomic, readonly) CGSize containerSize;
@property (nonatomic, readonly) NSUInteger numOfPages;
- (id)initWithContainerSize:(CGSize)containerSize;
@end

textStorageとlayoutManagerを、initWithContainerSize:で初期化します。

[ソースコード44] textStorageとlayoutManagerの初期化

- (id)initWithContainerSize:(CGSize)containerSize
{
  self = [self init];
  if (self) {
      _containerSize = containerSize;
  
      NSString *text = ...;
      UIFont *font = ...;
      // 属性付きテキストの生成(表示コンテンツ)
      NSAttributedString *attrText =
      [[NSAttributedString alloc] initWithString:text
                                      attributes:@{NSFontAttributeName: font}];
      // テキストストレージの生成
      self.textStorage = [[NSTextStorage alloc] initWithAttributedString:attrText];
      // レイアウトマネージャの生成
      self.layoutManager = [[NSLayoutManager alloc] init];
      // テキストストレージにレイアウトマネージャを対応付ける
      [self.textStorage addLayoutManager:self.layoutManager];</p>
     
      // テキストコンテナの生成
      [self createContainers];
  
      _numOfPages = [self.layoutManager.textContainers count];

  }
  return self;
}

テキストストレージとレイアウトマネージャの初期化手順はシンプルです。
テキストストレージは、表示すべきコンテンツを表現している属性付きテキストを元に生成します。レイアウトマネージャを生成したら、テキストストレージに対応付けます。

著者
西方 夏子(にしかた・なつこ)

ソフトウェアエンジニア。大手電機メーカーにおける組込みソフトウェアの開発を経て、現在は個人でiOS向けのアプリケーションを開発している。代表作であるローン計算アプリ「iLoan Calc」は、個人の方のみならず、多くの不動産業、金融業の方からも愛用されている。『iPhoneアプリ開発エキスパートガイド iOS6対応』(共著・インプレスジャパン刊)、『上を目指すプログラマーのためのiPhoneアプリ開発テクニック iOS 7編』(共著・インプレスジャパン刊)などの執筆にも携わり、現在は執筆業を中心にアプリ開発と育児を両立中。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

Text Kitによるテキストレイアウト(後編) | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。