PR

Unityの環境構築と操作ガイド(後編)

2014年10月31日(金)
薬師寺 国安

Asset Storeにアクセスする

「Asset Store」は、Unityで使用できる素材のデータを購入(無料のものもあり)するためのショップです。アクセスするには、Unityメニューから[Window]ー[Asset Store]と選択します。初めてアクセスした際には「Log in」する必要があります。「Log in」の際には、Unity起動時に入力したメールアドレスとパスワードが必要になります。詳細は前回の記事を参照してください。ログインに成功すると「Asset Store」の右上隅にユーザー名が表示されます(図13)。

図13:「Asset Store」に無事ログインできた(クリックで拡大)

図13の右側にあるカテゴリから、「Textures & Materials」をクリックします。続いて表示された一覧から、「Nature texture pack」を選択します(図14)。

図14:「Nature texture pack」を選択する(クリックで拡大)

「Download」画面が表示されますので、それをクリックします。Downloadが開始されますが、これには多少時間がかかります。その後「Importing package」の画面が表示されます(図15)。

図15:「Importing package」画面が表示される

図15の画面で「Import」をクリックすると、取り込みが始まります。終了したら、「Asset Store」は閉じてかまいません。「Project」の「Assets」フォルダーの下に、新たに「Nature textures pack」というフォルダーが作成されています。展開すると、いろいろなテクスチャの入ったフォルダーが表示されます(図16)。

図16:「Nature textures pack」フォルダーが作成された(クリックで拡大)

図16の中の適当なフォルダーを選択して、その中にあるテクスチャを「Scene」画面上の「Sphere」にドラッグ&ドロップすると、そのテクスチャが貼り付けられます。

その前にScene上の「Sphere」が少し小さく、テクスチャを適用してもわかりにくいので、もう少し大きくしておきましょう。「Sphere」を選択し、「Inspector」内の「Transform」の「Scale」の値を全部「2」に指定して下さい。これで大きくなります。サイズを大きくすると「Sphere」が少し下に沈んだように見えますので、図2の赤い四角で囲んだアイコンをクリックして3方向の矢印を表示させ、黄色のY軸を少し上の方向に引っ張ってください。これで、全体が表示されます。

では、「Nature textures pack」フォルダーから、「Magenta plants」フォルダーを選択し、「Magenta plants diffuse.tga」を「Sphere」上にドラッグ&ドロップします。すると図17のように、「Sphere」にテクスチャが貼り付けられます。

図17:「Sphere」にテクスチャが適用された(クリックで拡大)

これを「プレイ画面」で見ると、図18のようになります。

図18:「プレイ画面」で実行した(クリックで拡大)

「プレイ画面」を停止して、この「Scene」を保存しておきましょう。前回と同じ「モデルの配置」に上書きしますから、Unityメニューの[File]ー[Save Scene]と選択してください。

2回にわたってUnityの基本的な操作を紹介しました。次回からはいよいよ、「Unityちゃん」を使った簡単なゲームの作り方を解説します。ゲームを作る過程において、いろいろな機能の紹介もしていきたいと思います。お楽しみに。

薬師寺国安事務所

薬師寺国安事務所代表。Visual Basic プログラミングと、マイクロソフト系の技術をテーマとした、書籍や記事の執筆を行う。
1950年生まれ。事務系のサラリーマンだった40歳から趣味でプログラミングを始め、1996年より独学でActiveXに取り組む。1997年に薬師寺聖とコラボレーション・ユニット PROJECT KySS を結成。2003年よりフリーになり、PROJECT KySS の活動に本格的に参加、.NETやRIAに関する書籍や記事を多数執筆する傍ら、受託案件のプログラミングも手掛ける。Windows Phoneアプリ開発を経て、現在はWindows ストア アプリを多数公開中

Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。Microsoft MVP for Development Platforms - Windows Phone Development(Oct 2012-Sep 2013)。Microsoft MVP for Development Platforms - Client Development(Oct 2013-Sep 2014)。Microsoft MVP for Development Platforms-Windows Platform Development (Oct 2014-Sep 2015)。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています