PR

Unityの環境構築と操作ガイド(前編)

2014年10月23日(木)
薬師寺 国安

前回の連載「速攻攻略 Kinect v2 プログラミング入門」では、第5回第6回で、Kinect v2とUnityを連携させる方法について解説しました。本連載では、ゲーム開発エンジンであるUnityの環境構築から簡単なゲーム開発まで全6回にわたって解説していきます。

【連載目次】

  • 第1回:Unityの環境構築と操作ガイド(前編)
  • 第2回:Unityの環境構築と操作ガイド(後編)
  • 第3回:Unityちゃんを動かしてみる
  • 第4回:Unityちゃんの障害物ゲームを作る
  • 第5回:Unityちゃんの爆破ゲーム作る
  • 第6回:マシンガンの連射ゲームを作る

※タイトルは変更する場合があります。

Unityとは

今やUnityはゲーム業界においては、その名前を知らないものはいないほどの存在となりました。これほど注目されているUnityとは、一体何なのでしょうか? Unityは「ゲームを作るためのゲームエンジン」です。かつて、ゲームエンジンを始めとする開発ツールは、各社が独自に開発・所有するもので、広く知られることはありませんでした。その後、ゲーム開発会社向けにゲームエンジンが販売されることもありましたが、個人では手の出せない高額なものでした。そんな中、Unityは本格的な「ゲームエンジン」を無料で提供したのです。Unityはマルチプラットフォームな開発エンジンであり、開発者はOSごとの仕様の違いを意識することなく、ゲーム開発に専念できるようになったのです。推定ですが、日本国内ではおそらく10万人以上の利用者がいると思われます。

Unity4のインストール

Unityの現行バージョンである「Unity4」は、下記のサイトよりダウンロードできます。
Unity - ダウンロード
原稿執筆時点での、最新バージョンは「Unity 4.5.4」です(図1)。Unityは頻繁にバージョンアップされるため、この原稿が公開されるころには、またバージョンが上がっていることが考えられます。その点はご了承下さい。

図1: 「Download Unity 4.5.4」をクリックする(クリックで拡大)

任意のフォルダ—にダウンロードした「UnitySetup-4.5.4.exe」をダブルクリックすると、インストールが開始されます(図2)。

図2: Unity 4.5.4のインストールが開始される(クリックで拡大)

表示される手順に従って、インストールしてください。インストールの途中で「.NET Framework3.5」のインストールを促される場合があります。その場合は、「この機能をダウンロードしてインストール」を選択してください。

インストールが完了すると、「Activate your Unity License」の画面が表示されます(図3)。

図3: 「Activate your Unity License」の画面が表示される(クリックで拡大)

「Activate the free Version of Unity」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックします。「Activate a free 30-day trial of Unity Pro」にチェックを入れても問題はありません。試用期間の30日が過ぎると、自動的にフリー版に切り替わります。今回はフリー版のUnityを前提としているため、ここでは最初からフリー版を選択します。

Unityのプロ版とフリー版の見た目の差は、背景の色です。プロ版では画面の背景が「黒」ですが、フリー版では「グレー」になります。プロ版とフリー版の機能面での違いについては、下記のサイトを参考にしてください。
[参考]ライセンスのご案内

この後、「Log into your Unity Account」画面が表示されます。初めての場合は、アカウントがありませんので、「Create Account」ボタンをクリックしてください。すると「Create a Unity Account」の画面が表示されるので、「Name」、「E-mail」、「Password」、「Password confirmation」を入力して「OK」ボタンをクリックします。

「メールアドレスにメールを送った」と表示されますので、この時点でメールソフトを起動して確認してください。
届いたメールの「Confirm email」をクリックします。これでアカウントが登録されます。

再度「Log into your Unity Account」の画面で、「E-mail」と「Password」を入力して「OK」ボタンをクリックしてください。その後、各種質問の画面が表示されますが、ここは適当に入力して下さい。入力が終わったら、「Start using Unity」ボタンをクリックします。Windows Vista以降の環境では、「Windows セキュリティの重要な警告」画面が表示されますので、「アクセスを許可する」を選択してください。
これで、Unity4が起動します。

まずは「Project Location」に適当なプロジェクト名を入力して「Create」ボタンをクリックします。ここではプロジェクト名に「UnitySampleTest」と入力して「Create」ボタンをクリックします(図4)。

図4: 「UnitySampleTest」というプロジェクトを作成する(クリックで拡大)

Unity4の新規プロジェクト(UnitySampleTest)の画面が起動します(図5)。

図5: 新規プロジェクトの画面が起動した(クリックで拡大)

薬師寺国安事務所

薬師寺国安事務所代表。Visual Basic プログラミングと、マイクロソフト系の技術をテーマとした、書籍や記事の執筆を行う。
1950年生まれ。事務系のサラリーマンだった40歳から趣味でプログラミングを始め、1996年より独学でActiveXに取り組む。1997年に薬師寺聖とコラボレーション・ユニット PROJECT KySS を結成。2003年よりフリーになり、PROJECT KySS の活動に本格的に参加、.NETやRIAに関する書籍や記事を多数執筆する傍ら、受託案件のプログラミングも手掛ける。Windows Phoneアプリ開発を経て、現在はWindows ストア アプリを多数公開中

Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。Microsoft MVP for Development Platforms - Windows Phone Development(Oct 2012-Sep 2013)。Microsoft MVP for Development Platforms - Client Development(Oct 2013-Sep 2014)。Microsoft MVP for Development Platforms-Windows Platform Development (Oct 2014-Sep 2015)。

連載記事一覧

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内

関連記事