PR

Unityの環境構築と操作ガイド(後編)

2014年10月31日(金)
薬師寺 国安

今回は前回に続いて、Unityの基礎的な操作を説明します。
Unityメニューの[File] −[Open Project]と選択し、前回作成した「UnitySampleTest」を開いてください。次に、同じく[File]ー[Open Scene]と選択して、保存しておいた「モデルの配置」を選択してください。
「Scene」画面に、前回の図1の画面が表示されていると思います。

図1:前回作った各モデルを配置したScene画面(クリックで拡大)

最初に「Main Camera」の調整方法について解説しましょう。

Main Cameraの調整方法

「Main Camera」の調整は、Unityの左上隅にある図2のツールを用います。これは「トランスフォームツール」と呼ばれ、配置した部品の移動などに使用します。
「Main Camera」をX、Y、Z軸に沿って移動させるには、図2の赤の四角で囲ったアイコンをクリックします。

図2:トランスフォームツール

すると、「Main Camera」に3方向の矢印が表示されます(図3)。3方向の矢印はそれぞれ赤色がX軸、黄色がY軸、青色がZ軸を表します。この軸を操作すると、「Camera Preview」に表示されている状態が変化します。これで、X、Y、Z軸の調整を行います。

図3:「Main Camera」に3方向の矢印が表示された

次に図2の〇で囲んだアイコンですが、これは部品を回転させる場合に使用します。これを選択すると「Main Camera」は図4のように表示されます。

図4:図2の〇で囲んだ「左右の矢印アイコン」をクリックした

「Main Camera」の周囲に表示されている赤い色の楕円曲線を操作すると、「Camera Preview」内の画像が図5のように変化します。青色、緑色の曲線も、回転の軸が異なるだけで、操作方法は同じです。

図5:「Camera Preview」の表示が変わった

こういった「Main Camera」の調整をマスターするには、試行錯誤しながら身体で覚えていく以外に方法はありません。同様に「Directional Light」で光を当てる方向を変更させる場合にも、これらのアイコンをクリックして、光の当たり具合を調整する必要があります。いろいろ試しながら慣れていくのが、結局はマスターへの近道です。

いったん、図5の赤い楕円の位置を元に戻して、図4の状態に戻してください。次は「Scene」画面に配置した各モデルに、「Material」を適用させて、表面の見た目を変更してみましょう。

薬師寺国安事務所

薬師寺国安事務所代表。Visual Basic プログラミングと、マイクロソフト系の技術をテーマとした、書籍や記事の執筆を行う。
1950年生まれ。事務系のサラリーマンだった40歳から趣味でプログラミングを始め、1996年より独学でActiveXに取り組む。1997年に薬師寺聖とコラボレーション・ユニット PROJECT KySS を結成。2003年よりフリーになり、PROJECT KySS の活動に本格的に参加、.NETやRIAに関する書籍や記事を多数執筆する傍ら、受託案件のプログラミングも手掛ける。Windows Phoneアプリ開発を経て、現在はWindows ストア アプリを多数公開中

Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。Microsoft MVP for Development Platforms - Windows Phone Development(Oct 2012-Sep 2013)。Microsoft MVP for Development Platforms - Client Development(Oct 2013-Sep 2014)。Microsoft MVP for Development Platforms-Windows Platform Development (Oct 2014-Sep 2015)。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています