PR

標的をマシンガンで撃ち落とす本格的なUnityゲーム作りに挑戦してみよう

2014年11月27日(木)
薬師寺 国安

今回は標的をマシンガンで連射して、床の外に落下させるまでの時間を競うゲームを作ります。

プロジェクトの作成

Unityメニューの[File]ー[New Project]と選択して、「Unity-Project Wizard」画面を表示します。「Project Location」の「Project名」に「machineGun」と指定して、「Create」ボタンをクリックします。

Asset Storeから各種コンポーネントのダウンロード

まず必要なものをAsset Storeから入手しましょう。「Asset Store」の検索欄に「Animated Soldier」と入力し、表示される画面で「Import」をクリックします(図1)。

3Dモデルの「Animated Soldier」を入手

図1:3Dモデルの「Animated Soldier」を入手(クリックで拡大)

すると「Importing package」の画面が表示されますので、「Import」をクリックします(図2)。

「Import」をクリックする

図2:「Import」をクリックする

ダウンロードが終了すると、「Project」の「Assets」フォルダーの下に「Cartoon Soldier」フォルダーが作成されています(図3)。

「Cartoon Soldier」フォルダーが作成された

図3:「Cartoon Soldier」フォルダーが作成された

もう一つ、今度はマシンガンのサウンドファイルをダウンロードします。「Asset Store」で「Futuristic weapons set」を検索すると「Futuristic weapons set」の画面が表示されますので、「Import」をクリックします。その後、「Importing package」の画面が表示されますので、「Import」をクリックします。ダウンロードが完了すると、「Project」の「Assets」フォルダーの下に、「FuturisticWeaponsSet」フォルダーが作成されています(図4)。

「FuturisticWeaponsSet」フォルダーが作成された

図4:「FuturisticWeaponsSet」フォルダーが作成された

ステージを作る

では、早速ステージを作っていきましょう。まず床となるCubeを配置します。名前は「Inspector」から「Floor」とつけておきます。同じく「Directional Light」も追加しておきましょう。「Floor」の「Transform」内の値は、表1のように設定します。

表1 「Transform」内の値

PositionX=7Y=1Z=7
RotationX=0Y=0Z=0
ScaleX=30Y=1Z=40

次に、「Main Camera」の位置を表2のように指定します。

表2 「Transform」の値

PositionX=-2.0Y=3.6Z=-5.8
RotationX=0Y=0Z=0
ScaleX=1Y=1Z=1

次に、「Floor」に「Texture」を適用させます。ダウンロードした「Cartoon Soldier」フォルダー以下の「Texture」内に、各種テクスチャがあります。今回は、その中から「dirt.tga」を選んでみました(図5)。

テクスチャを適用した「Floor」

図5:テクスチャを適用した「Floor」(クリックで拡大)

射撃の対象となるオブジェクトを配置する

射撃の対象となるオブジェクトも「Cube」で作成します。いつもの手順で「Cube」を追加し、「Inspector」から名前に「Cube1」と指定して下さい。そして、図6の「Tag」メニューから「Add Tag」を選択します。

「Add Tag」を選択する

図6:「Add Tag」を選択する

タグ追加の画面(図7)では、「Element0」に「Cube1」と入力します。

「Element0」に「Cube1」と入力した

図7:「Element0」に「Cube1」と入力した

「Hierarchy」から「Cube1」を選択し、「Tag」に「Cube1」を指定します(図8)。

「Tag」に「Cube1」を指定した

図8:「Tag」に「Cube1」を指定した

次に、「Add Component」を選択し、[Physics]ー[Rigidbody]と選択して、「Rigidbody」を追加します。これは「重力」を表し、これを追加しておかないと、銃で撃っても標的が動きません。

「Cube1」と同じ手順で、あと2つのCubeを追加し、それぞれ名前を「Cube2」、「Cube3」とします。それぞれの「Tag」に「Cube2」、「Cube3」を追加しますが、「Cube2」のタグは「Element1」に、「Cube3」のタグは「Element2」追加してください。同じように、「Rigidbody」もそれぞれの「Cube」に追加してください。

3個の「Cube」の配置が済んだら、「Cube」にも「Texture」を適用しましょう。

標的用のテクスチャをダウンロードする

「Asset Store」のカテゴリから「Textures & Materials」を選択します。今回はその中の「Metal Textures Pack」を選択して、いつもの手順で「Import」してください。「Importing package」で「Import」すると「Project」の「Assets」フォルダーに、「Metal textures pack」というフォルダーが作成され、その中に多くの「pattern」フォルダーが作られます。今回は「pattern24」フォルダー内のテクスチャを適用します。「Scene」画面上の各「Cube」にドラッグ&ドロップしてください。この辺りは、読者が自由に指定して下さい。テクスチャを適用すると、図9のようになりました。

3つの標的(Cube1~Cube3)にテクスチャを適用した

図9:3つの標的(Cube1~Cube3)にテクスチャを適用した(クリックで拡大)

では、次にマシンガンを持った兵士を配置します。

薬師寺国安事務所

薬師寺国安事務所代表。Visual Basic プログラミングと、マイクロソフト系の技術をテーマとした、書籍や記事の執筆を行う。
1950年生まれ。事務系のサラリーマンだった40歳から趣味でプログラミングを始め、1996年より独学でActiveXに取り組む。1997年に薬師寺聖とコラボレーション・ユニット PROJECT KySS を結成。2003年よりフリーになり、PROJECT KySS の活動に本格的に参加、.NETやRIAに関する書籍や記事を多数執筆する傍ら、受託案件のプログラミングも手掛ける。Windows Phoneアプリ開発を経て、現在はWindows ストア アプリを多数公開中

Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。Microsoft MVP for Development Platforms - Windows Phone Development(Oct 2012-Sep 2013)。Microsoft MVP for Development Platforms - Client Development(Oct 2013-Sep 2014)。Microsoft MVP for Development Platforms-Windows Platform Development (Oct 2014-Sep 2015)。

連載記事一覧

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内

関連記事