PR

Unityちゃんの障害物ゲームを作る

2014年11月13日(木)
薬師寺 国安

今回は、連載の第3回で実装したUnityちゃんが走ったり、ジャンプしたりする機能を利用して、「Unityちゃん障害物ゲーム」を作ってみたいと思います。

プロジェクトの作成

Unityメニューの[File]ー[New Project]と選択して「Unity-Project Wizard」画面を表示します。「Project Location」の「Project名」に「UnitychanObstacleGame」と指定して、「Create」ボタンをクリックします。

次に「Asset」の準備をします。同じ「Asset」を別のプロジェクトで利用したことがあれば、それを再利用することもできます。コピー元とコピー先のプロジェクトをそれぞれ起動させておき、コピー元からコピー先の「Project」内の「Assets」フォルダーにドラッグ&ドロップします。ですが、「Asset」がバージョンアップしている可能性もありますので、常に最新の「Asset」を「Import」しておくほうがいいでしょう。今回は、必要な「Asset」を「Asset Store」からダウンロードするようにしています。

Asset Storeから各種コンポーネントのダウンロード

Unityメニューの[Windows]−[Asset Store]と選択して、「Asset Store」にアクセスし、以下の3つのファイルをダウンロードします。

  1. 「”Unity-chan!” model」
  2. 「Mecanim Locomotion Starter Kit」
  3. 「Raw Mocap data for Mecanim」

これらのダウンロード方法については、連載の第3回で解説済みですので、そちらを参考にしてください。さらにUnityちゃんの配置、「Main Camera」の設定、実行時に発生するエラーの回避方法なども解説してありますので、まずはそこまで同じように設定を済ませてください。

今回は第3回までの設定に追加するかたちで、ステージの作成、所要時間の表示、そしてゴールの判定について解説していきます。

ステージの作成

まず、「Hierarchy」の「Create」から「Plane」を配置します。「Inspector」内の「Transform」の「Scale」で「X」を「20」、「Y」を「1」、「Z」を「20」と設定して、「Plane」を広くとっておいてください。次に、Unityちゃんと「Directional Light」を配置しますが、位置は連載の第3回と同じでいいでしょう。「Main Camera」の位置も同様です。「Plane」を広く取ってUnityちゃんを配置すると図1のようになります。

図1:広くとった「Plane」上にUnityちゃんを配置(クリックで拡大)

「Plane」に「Texture」を適用する

「Plane」が真っ白のままだと、Unityちゃんが動いている様子がわかりにくいので、「Texture」を適用します。「Project」内の「Unitychan」フォルダー内の「Stage」フォルダーに「Textures」というフォルダーがあり、その中に4点ほど拡張子が「png」のファイルが入っています。今回はそのうちの「unitychan tile6.jpg」を「Hierarchy」内の「Plane」上にドラッグ&ドロップします。すると「Plane」に「Texture」が適用されます(図2)。

図2:「Texture」で「Plane」に模様をつける(クリックで拡大)

これで実行してみると、右上隅に「Change Motion」、「Next」、「Back」と書かれたボタンのようなものが表示されています(図3)。これはUnityちゃんを配置してプレイ画面で実行する際に、いろいろなポーズを試すためのボタンです。今回のようにUnityちゃんをスクリプトで操作する場合は、このボタンは不要ですので、「Inspector」にある「Idle Changer(Script)」を削除して、表示を消しておきましょう。

図3:右上隅に「Change Motion」メニューが表示されている(クリックで拡大)

では、次に障害物の配置とゴールを設定しましょう。

薬師寺国安事務所

薬師寺国安事務所代表。Visual Basic プログラミングと、マイクロソフト系の技術をテーマとした、書籍や記事の執筆を行う。
1950年生まれ。事務系のサラリーマンだった40歳から趣味でプログラミングを始め、1996年より独学でActiveXに取り組む。1997年に薬師寺聖とコラボレーション・ユニット PROJECT KySS を結成。2003年よりフリーになり、PROJECT KySS の活動に本格的に参加、.NETやRIAに関する書籍や記事を多数執筆する傍ら、受託案件のプログラミングも手掛ける。Windows Phoneアプリ開発を経て、現在はWindows ストア アプリを多数公開中

Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。Microsoft MVP for Development Platforms - Windows Phone Development(Oct 2012-Sep 2013)。Microsoft MVP for Development Platforms - Client Development(Oct 2013-Sep 2014)。Microsoft MVP for Development Platforms-Windows Platform Development (Oct 2014-Sep 2015)。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています