PR

「Papervision3D」を試す!

2008年6月21日(土)
代島 昌幸

Papervision3Dの現在と今後

 最近ではさまざまな3Dライブラリが登場し、Flashでもリアルな3D表現が少しずつ可能になってきました。その1つとして今もっとも知名度が高く、注目を集めているのがPapervision3Dです。Papervision3Dとは、ActionScript2.0およびActionScript3.0で使用できる3Dライブラリで、MITライセンス(http://ja.wikipedia.org/wiki/MIT_License)によって配布されています。

 3Dライブラリが広まった背景には、処理速度の高速なAS3.0の登場によるところが大きく影響しています。AS2.0では処理速度が決して速いとは言いがたく、処理に負荷がかかる3Dライブラリを使った3D表現は、あまり現実的ではありませんでした。

 ところが、処理速度が格段に向上したAS3.0の登場によって、複雑な処理も可能なレベルになってきており、表現の幅も広がってきています。

 ところで、先ごろFlash Player 10 betaが公開されました(2008年6月6日現在)。FlashPlayer10では新たに3D機能がネイティブサポートされます。ただ、完全な座標空間があるわけでなく、あくまでも2Dオブジェクトを3D的に扱えるようになっただけで、3Dモデリングされたオブジェクトを扱うものではありません。本格的な3D表現をするのであれば、これまでどおりPapervision3Dなどの3Dライブラリを活用する必要があります。

 しかし、この新機能のサポートにより、Papervision3Dでの3Dレンダリングが格段に高速に行えることが期待されています。さらに、Papervision3D開発チームとAdobeシステムズ社が、密接にコンタクトをとっているという話も耳に入ってきています。Papervision3Dの開発は今後もますます活発になっていくだろうと思います。これは私の勝手な推測に過ぎませんが、近い将来、もしかしたらPapervision3DがFlashに標準装備されるということもあるかもしれません。

環境を整える

 それでは、まずPapervision3Dを使うための環境を整えていきます。Papervision3Dは現在のところ、public alpha版の2.0(コードネームはGreatWhite)が最新バージョン(2008年6月6日現在)となっていますが、ここでは安定版であるpublic beta版の1.7を使用して解説します。

 Papervision3Dをダウンロードするには、「Subversion」というバージョン管理システムを使用する必要があります。フリーで使用できる代表的なSubversionを紹介します。Windows環境の方はTortoiseSVN(http://tortoisesvn.net/downloads)、Macintosh環境の方はsvnX(http://www.lachoseinteractive.net/en/community/subversion/svnx/download/)からダウンロードできます。Papervision3Dのソースコードはこちらに(http://papervision3d.googlecode.com/svn/trunk/)置かれています。Subversionの使用方法は図1の「Subversionの使用方法」を参照ください。

 Papervision3Dのダウンロードが完了したら、ソースコードのパスをFlash CS3へ通す必要があります。Flash CS3の環境設定から「ActionScript」カテゴリの「ActionScript3.0設定」をクリックします。「+」ボタンをクリックしてクラスパスを追加します。パスの参照ボタンをクリックし、「Papervision3Dをダウンロードしたディレクトリ/as3/trunk/src」を指定します。これで、環境が整いました。

株式会社アーキタイプ
数社のWEBプロダクションにてさまざまなFlashサイト制作に携わる。2007年5月、株式会社アーキタイプを設立。テクニカル・ディレクション、インタラクション・デザイン、プログラミングを担当。http://www.archetyp.jp/

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内

関連記事