PR
連載 :
  インタビュー

仮想化の流れで勢いを見せるティントリの仮想化ストレージ

2014年11月20日(木)
松下 康之

2014年11月5日、6日に開かれたVMwareのプライベートイベント、vForum 2014での講演のために来日したコンバージドインフラストラクチャーのストレージベンダー、米国Tintri社(以下、ティントリ)のVP of Technologyのレックス・ウォルターズ氏に単独インタビューを行い、現在のクラウド環境におけるストレージのあるべき姿を聞いた。

ティントリは2008年に創業されたベンチャーで、元VMwareのエンジニアリングの責任者やNetApp、Data Domainなどの出身者によって創立された。現在のインフラの仮想化という大きな流れの中でストレージはどうあるべきか?をゼロから発想して製品開発を行っている気鋭の新興企業で、日本でも富士通がOEMとして製品を扱うなど、ビジネスが拡大している。

参考:Tintri 日本ビジネスを強化 富士通とOEM提携、市場開拓へ

安価なx86サーバーとSSD、HDDをベースにシステムを構成することでハードウェアコストを下げ、ソフトウェアによってストレージの並列化及び冗長化、大容量化を実現するコンバージドインフラストラクチャーと呼ばれるSoftware-Defined Storage(SDS)を開発販売するベンダーの一つだ。他にもNutanixのようにオープンソースソフトウェアを活用して、SDSを開発しているベンチャーもある。

最近ではVMwareが開発したEVO:RAILと呼ばれるSDSの基盤ソフトウェアにEMCやDELLなどがハードウェアを提供し、パッケージとしてSDSを購入できる製品が発表されるなど、NASやSANなどの従来型のストレージソリューションから柔軟に拡張を可能にするスケールアウト型ストレージ製品が大きな流れとなっている。

今回、ウォルターズ氏はvForumで行ったプレゼンテーションに加え筆者の質問に対して仮想化とSoftware-Defined Data Center(SDDC)におけるティントリのコンセプトを解説した。

最初にウォルターズ氏は「ストレージ管理者とアプリケーション管理者の間にある矛盾」について説明を始めた。ウォルターズ氏は、ストレージ管理者が求めるものとアプリケーションの管理者もしくはエンドユーザーが求めるものが違い過ぎていることが両者の間でコミュニケーションが上手くいかない状況の原因であると説明し、「問題の原因はストレージ管理者が管理のために必要なストレージのサイズやアクセスの方法など、ストレージ管理者の視点でアプリケーションに対して必要な答えを求めているからです。実際にビジネスに必要なのはアプリケーションであって、ストレージではないのです。もっとアプリケーションの視点に立って必要なものは何なのか?を考えるべきです。そして現在ではほとんどのアプリケーションは仮想化の基盤に乗っているのですから、仮想化に最適なストレージとはなにか?を考えています。それがティントリの発想の原点なのです」と語った。

写真:流ちょうな日本語でコンセプトを説明するウォルターズ氏

物理ストレージと仮想ストレージのそれぞれの分類、特性について解説した上で、ティントリが提供する仮想化環境に最適なスマートストレージの利点について説明、VMwareなどの仮想化環境において仮想ボリューム単位でアクセスのポリシーが設定できることで従来のLUN単位よりも細かい設定が可能になり、ストレージ管理者視点ではなく仮想化されたアプリケーション、OS毎の設定が行えることが差別化の大きなポイントであると訴える。そしてその発想はこれからの仮想化がベースとなるクラウドコンピューティングには最適であると説明した。

ティントリは、5月のマイクロソフトのTechEdでHyper-Vへのサポートを表明。これはまだ正式には製品化はされていないが、9月に行われたプレスリリースではRed Hat Enterprise Virtualization (RHEV 3.3)にも対応することも発表している。これまでVMwareに特化した仮想化ストレージと思われがちだったティントリのソリューションだが、vSphereに加えてRHEVをサポートすることでRed Hatの環境にも対応することで選択肢を増やした格好になる。

日本での事例も増え、ユニアデックスがVDI(仮想デスクトップインフラストラクチャー)の基盤としてティントリを採用することを発表。企業のコンピュータシステムが仮想化されていく流れはますます増加し、仮想マシンに対応するストレージへのニーズは高まると予想される。

フリーランスライター&マーケティングスペシャリスト。DEC、マイクロソフト、アドビ、レノボなどでのマーケティング、ビジネス誌の編集委員などを経てICT関連のトピックを追うライターに。オープンソースとセキュリティが最近の興味の中心。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています