PR

OpenStack Juno on SoftLayer by RDO

2014年12月25日(木)
熊谷育朗鈴木智明
  1. インスタンスの作成

    インストール時に予め作成されたdemoユーザでインスタンスを作成してみましょう。操作はコマンドラインから行います。

    (1)apiアクセス情報の読み込み
    # . /root/keystonerc_demo
    (2)キーペア登録
    # nova keypair-add --pub-key .ssh/id_rsa.pub test
    (3)外部からのsshを許可
    # nova secgroup-add-rule default tcp 22 22 0.0.0.0/0
    (4)floating ipの生成
    # nova floating-ip-create public
    +------------------+-----------+----------+--------+
    | Ip               | Server Id | Fixed Ip | Pool   |
    +------------------+-----------+----------+--------+
    | xx.xx.xx.xx (*3) | -         | -        | public |
    +------------------+-----------+----------+--------+
    (5)インスタンス作成
    # NETID=`nova net-list |grep private |awk '{print $2}'`
    # nova boot --key-name test --nic net-id=$NETID --image cirros --flavor 1 test
    (6)Floating ipの割り当て
    「(4)floating ipの生成」で表示されたIPアドレス(*3)を指定します
    # nova floating-ip-associate test xx.xx.xx.xx
    

    上記で割り当てたFloatingIPアドレスで外部からSSH接続できます。

    ダッシュボードでの確認方法

    OpenStackは標準でダッシュボードを持っており、ブラウザから操作することが可能です。作成した環境をブラウザから確認してみましょう。パスワードは/root/keystone_demo にあります。

    (ログインパスワードの確認)
    # grep OS_PASSWORD keystonerc_demo
    # export OS_PASSWORD=d453cb0744a84dc2
    

    ブラウザから以下URLを開き、demoユーザでログインします。

    http://{コントローラノードのパブリックIP}

    ダッシュボード画面

    図4:ダッシュボード画面

    まとめ

    1、2年前まではOpenStackのインストールというと非常に手間が掛かるというイメージが強かったのですが、ここ半年ほどの間に安定してきていると筆者は感じています。今回取り上げたRDOはRedhat系OSでの実装ということもあり、比較的取り組みやすいと思いますので、この機会にOpenStackに触れてみてはいかがでしょうか?

    弊社ブログでもOpenStack関連の情報を公開していますので参考にしてみてください。

    ビットアイル総合研究所ブログ
    http://blog.bit-isle.jp/bird/

    初出時にソースコードの一部が間違っておりました。お詫びして訂正させていただきます。

    Japan SoftLayer Summit 2015
    Japan SoftLayer Summit 2015

    東京データセンター開設!「IBM SoftLayer」日本初の技術カンファレンス

    「Japan SoftLayer Summit 2015」は、Japan SoftLayer Summit 2015実行委員が主催する、「IBM SoftLayer」最大級の技術カンファレンスです。 SoftLayerに関わるコミュニティ、あるいは、企業や団体、それらに所属する個人が一堂に会し、情報発信や交流を行うことで、日本におけるSoftLayerのプレゼンスの向上、ならびに更なるエコシステムの活性化を目的とします。 また、SoftLayerに興味をもつ新しいユーザーに対しても、情報発信を行い、SoftLayerについて学ぶ事ができる場を提供します。

ビットアイル総合研究所
OpenStackをはじめとするシステム基盤関連技術の調査、検証、教育が主な業務。OpenStackコントリビューター修行中。派遣プログラマ、業務パッケージソフトベンダー、大手Sier勤務を経て現職。
株式会社ビットアイル
10年ほどネットワーク・セキュリティを中心とした公開系システム基盤の提供(セキュリティ・ネットワーク・サーバ)やMSSビジネスに従事。最近4年くらいはクラウドへシフトし、SoftLayerも含めたクラウドビジネスや啓蒙活動にも参画。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています