PR
連載 :
  インタビュー

OpenStack Days Tokyo 2015開催直前!エグゼクティブディレクターに聞くOpenStackの今。

2015年1月28日(水)
松下 康之 - Yasuyuki Matsushita

金融業界をはじめとして拡がる利用

松下:「OpenStackの最近の事例について教えてください。」

ファイフェルド氏:「パリで行われたSummitでは沢山の事例が発表されました。特に最近は金融業界の事例が多数発表されていて、例えばWells Fargo、スペインのBBVAなどが挙げられます。前回のパリではBMWの事例も紹介されました。他にもExpediaやPayPalなど様々な事例があり、OpenStackの拡がりを感じることが出来ると思います。」

ブライス氏:「それらの事例の中にはTapJoyなどのようにAWSなどのパブリッククラウドとの組み合わせ、つまりハイブリッドで使っている人たちも数多くいます。我々はAWSを悪い奴だとは思っていませんよ(笑)。それぞれの使い方がありますし、Dockerなどのコンテナー技術と組み合わせて素早くアプリを動かすという目的に対しては、パブリッククラウドとの使い分けは必要だと考えています。」

昨年開催されたOpenStack Summit Paris 2014のWebサイト

NFVはロードマップの中に

松下:「日本では通信事業者からOpenStackに対する期待があります。特にNFV(Network Function Virtualization)については期待が大きいのではと考えます。それに対してキャリアグレードのセキュリティや高可用性を持ったネットワーク機能を実現できると思いますか?」

ブライス氏:「NFVはこれまでネットワークベンダー独自の高価なハードウェア、ソフトウェアで実現していたルーティングなどの機能を、コモディティのハードウェアとオープンソースソフトウェアで実現するものです。これに関してはアメリカの通信会社であるAT&Tのバイスプレジデントのトビー・フォードからも全く同じ質問をされましたよ。本当にやるつもりがあるのか?ってね。彼には2014年のアトランタのサミットでキーノートスピーチをして貰いましたけど(笑)。

NFVはOpenStackにおいても機能を実現できるようにワーキンググループを作って作業を進めていて、今後のリリースでさらに強化される機能だと考えています。既に製品のロードマップの中に入っていますので、今後、様々なリリースで確認できると思います。」

【関連リンク】

OpenStack Days Tokyo 2015

著者
松下 康之 - Yasuyuki Matsushita
フリーランスライター&マーケティングスペシャリスト。DEC、マイクロソフト、アドビ、レノボなどでのマーケティング、ビジネス誌の編集委員などを経てICT関連のトピックを追うライターに。オープンソースとセキュリティが最近の興味の中心。

連載バックナンバー

システム開発インタビュー

CircleCIのCTOがクラウド時代のCI/CDについて語る

2020/1/14
CI/CDソリューションを提供するCircleCIのCTOにインタビュー。クラウド時代のCI/CD、テストインプロダクションなどについて語ってもらった。
ミドルウェアインタビュー

ObservabilityのNew Relic、創業秘話と新しいプラットフォームについて語る

2020/1/8
SaaSでObservability(観測可能性)を提供するNew Relicがインタビューに応えて、New Relicの始まりと新しいプラットフォームなどについて解説を行った。
クラウドインタビュー

Linkerdを開発するBuoyantがサービスメッシュの始まりと未来を語る

2019/12/25
CNCFがホストするサービスメッシュであるLinkerdの開発をリードするBuoyantのCEOとCTOにインタビューを行った。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています